【ブログネット】政府の消費増税対策は税金の無駄?

10月18日(木)のブログネットです。

本日の話題です。

社会・政治です。
元ソース、朝日新聞そしてブログネット独自の情報です。

ハッキリ言って税金の無駄です。

増税対策、現金配布案浮上 「田舎の魚屋、クレカない」
(朝日新聞 2018年10月17日05時54分)
https://www.asahi.com/articles/ASLBJ5674LBJULFA01K.html

来年10月に予定される
消費増税に伴う負担軽減策として、
商品券や現金を配る案が
政権内で浮上してきました。

政府は
中小小売店で「キャッシュレス決済」をした買い物客に
ポイントを還元する対策を検討中ですが
その効果を疑問視する声が相次いでおり、
より手っ取り早い現金給付案が広がりつつあります。

片山さつき地方創生相は
16日の閣議後会見で

「キャッシュレスが浸透しきらない部分にも
温かみが行くような対策を取らないといけない。
プレミアム付きの商品券や旅行券、
現金給付をおっしゃっている政党もある」

と述べ、
ポイント還元案以外の案も検討すべきだとの考えをにじませました。

政府が検討するポイント還元案は、
消費者が中小小売店で
クレジットカードや電子マネー、QRコードを使った
キャッシュレス決済で買い物をした場合、
増税分と同じ2%のポイントを還元するというもので、
政府は小売店が決済に必要な端末を導入する費用や、
カード会社などの決済事業者が
ポイントを還元するのにかかる費用を補助する方針です。

しかし、還元を受けるには
クレジットカードやスマートフォンなどを持っていることが前提で、
高齢者や低所得者らが恩恵を受けにくいとの指摘が出ており

麻生太郎財務相も16日の閣議後会見で

「田舎の魚屋で買い物したことがあるか知らんけど、
大体クレジットカードなんかでやっている人はいない」

と言及しました。

一方、中小小売店も端末の導入費だけでなく、
決済ごとにカード会社などに払う
数料などの負担が新たに生じる可能性があり、
これに対し、世耕弘成経済産業相は16日

「小規模小売店の負担になることがないようにする。
キャッシュレスに対応できない消費者にも、多様な選択肢を準備していく」

と強調しました。


【ANGLE】


個人的には、今回朝日新聞が伝えた
政府の消費増税対策についてですが、
朝日新聞が指摘した
小売店がキャッシュレス決裁に必要な端末を導入する費用や、
カード会社などの決済事業者が
ポイントを還元するのにかかる費用の補填以外にも、
金銭的な負担が発生する様に思えます。

つまり、現金配布を行った場合にかかる費用
有権者に振り分ける手間や人件費などの諸経費、
また、2%還元分のポイントの補てんの負担を
何処が、どう処理するのかと言う点であります。

少なくとも、これらに掲げた費用負担は
結局は、税金によって行われるものであり、
この消費増税の政府案は何れも、
2014年(平成26年)4月1日に行われた
5%から8%の増税の際にも指摘された、
所謂

「アクセルとブレーキを同時に踏む」

政策ではないのか?と感じております。

また、

「消費税率を上げたとしても税収は必ずしも上がらない」

という点は既に証明されており、
消費税が初めて導入された
1989年(平成元年)以降

日本の国税の収入、即ち税収が最も多かったのは
平成2年(1990年)度の60兆1千億円
それ以降、平成29年(2017年)度までの
28年間この税収を上回った事は一度もありません。

財務省ホームページ 一般会計税収の推移
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/010.pdf)
を一部 画像加工 文章追加。

この原因として、
所得税や法人税などの直接税による税収が
消費税などの間接税の税収よりも
大きく上回る位に落ち込んだ点や
消費増税後の消費者の買い控えによる景気の冷え込み
所謂「景気の腰折れ」などが挙げられておりますが、
個人的には、直間比率が変わっても税収が上がらないと証明された以上、
所得税や法人税などの直接税で

「収入が『多い』個人や世帯、法人の方々に『多く』税金を納めてもらい、
 収入が『少ない』個人や世帯、法人は『税率を軽減』する」

と言う体制に戻した方が
まだ納税者の理解を得られると思います。

消費税などの間接税は実質

「収入、所得に関係なく一律に税金を徴収するシステム」

である以上、所得の再分配には向いておらず、
今回の様な、消費増税に対する政府の現金配布やポイント還元策
また、8%の据え置きの軽減税率についても
システム自体が複雑になり、
余計な手間と費用が掛かり、
私を含めて、納税者にとっても
簡単に理解するのは難しいのではないのかと
個人的には感じております。

本日は以上でございます。
有難うございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブログネット、画像倉庫とも、内容が偏っていると思いますが、もしお気に召しましたら、制作意欲が湧きますので、サポートの程宜しくお願いいたします。

宜しければ、フォローお願い致します。
3

【ブログネット】

主に、ニュース、政治系動画の編集用台本を掲載します。 なお、この内容で編集するかは未定ですので、必ずしも動画としてアップロードとは限りません。 ツイッター: https://twitter.com/cyokuri ニコニコ動画マイリスト: http://www.nico...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。