お持ち帰りは7人! “大家族状態”……“エロ神”t-Aceに問う女性蔑視へのアンサー

――今もっとも輝くラッパーであり、赤裸々かつド直球すぎるリリックや物言いで人気を欲しいままにしているt-Ace。いじめられっ子だった幼少時代を経てヒップホップと出会い、現在は“エロ神”として崇められる存在までに。そんな彼に、国内のヒップホップとエロについて問いつつ、賛否両論巻き起こしている“女性蔑視”へのアンサーも聞く!

(写真/岩澤高雄・The VOICE)

 セックス特集の「ヒップホップとエロ」の海外版は、R・ケリーとテカシ・シックスナインの行きすぎた精神が招いた悲劇だったが、国内代表は、それとは対極に位置する成功者であり、性交者でもある“エロ神クズお”こと、t-Ace氏に協力してもらった。しかし、彼のリリックといえば、女性蔑視と受け止められてもおかしくないほどの内容。では、なぜ彼は成功を手にすることができたのか? 日本におけるヒップホップとエロの親和性の高さを、彼のリリックに軸を置きながら、その生き様にもピントを合わせていきたい。

――まずはt-Aceさんのバックグラウンドについてうかがいたいと思いますが、もともとは沖縄生まれなんですよね?

t-Ace(以下、t) そうなんすよ。でも沖縄にいたときのことは、小さすぎて覚えてなくて。それから東京や千葉、茨城をぐるぐるしながら生活していて、小学校の4年生くらいから水戸に住んでます。

――どんな子ども時代を?

t いじめられっ子でした。暴力をふるわれるんじゃなくシカト。貧乏だったんで「あいつ、同じ服をずっと着てる」っていじられたり。でも、小学校5年くらいだったかな、「学校に行くのをやめるか、こいつらを殺すかどっちかにしよう」と決めて、とりあえず俺をいじめてた連中を傘の柄でぶん殴ったら、全員がおとなしくなっちゃって。まあ、小学生なんて流血したらみんなビビるんで。翌日からいじめもなくなったんで、それをいいことに、ムカつくヤツらはとことんシバキあげていきました。学校中で問題になりましたけど、それ以上にみんな僕に敬語を使うようになったんで気分よかったですよ。中学にあがってからは、わかりやすく茨城のドヤンキーになりました。

――当時の遊びというのは?

t 小学6年のときから年上の先輩とばっかり遊んでたんすね。近所の公園で高校生がラジカセでヒップホップを流しながらダンスやスケボーをやってたんで、「かっけー!」と思いつつも声をかけるのが怖かったんで、チャリで公園をぐるぐる回ってたら、「おい、おまえこっち来いよ!」って言われて。それから夜も高校生と遊ぶようになって、ラジカセから流れてくるヒップホップが、とにかくかっこよくって。「これ、かっこいい」って伝えれば、CDもくれたりして。そのときは確かファーサイドとかクリス・クロスだったかな。

――その影響でDJを始め、やがてラッパーに転身した、と。なぜDJを続けずにラッパーを志したのですか?

この続きをみるには

この続き:4,103文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

お持ち帰りは7人! “大家族状態”……“エロ神”t-Aceに問う女性蔑視へのアンサー

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

サイゾー

禁じられたSEX論【2019年4月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。