【高崎かなみ】『真夏の工場を思い出す』期待のモデルの過酷なバイト時代?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(写真/オノツツム)

 数々のオーディションでグランプリに輝いた、グラビア界期待の星、高崎かなみちゃんが本誌初登場。グラビアを始めて、まだ1年足らずなんですよね。

「そうなんです! 去年、サンケイスポーツさん主催のオーディションに出場させてもらったのがきっかけで、やらせていただくことにしました。これまで人前で水着になることはなかったんですけど、抵抗はなくて。オーディションでは、グランプリも受賞させていただいたし、グラビア始めて良かった……と感じてます」

 グランプリを獲得した「サンスポGoGoクイーン」では〝初体験〟のお仕事もあったとか?

「グランプリになったメンバー(大貫彩香 、真島なおみ、河路由希子、薄井しお里)とファンの方々と、バスツアーに行ったんです。私服や水着で撮影会をしたり、本当に楽しかったなぁ」

 グラビアを始めて、さらにファンとの交流も増えたと思いますが、プレゼントの悩みがあるそうですね。

この続きをみるには

この続き:1,099文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【高崎かなみ】『真夏の工場を思い出す』期待のモデルの過酷なバイト時代?

サイゾー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

和モノ写真進化考【2019年7月号グラビア連載】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。