オタクとギャルは相手にしない! ターゲットは量産型女子大生!? E-girlsのしたたかな戦略

――「EXILEのDNAを受け継ぐ、本格的なダンス・パフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクト」(長い!)というキャッチコピーで2011年にデビューしたE-girls。バラエティ・タレントやモデル、女優として活動するメンバーもいる人気上昇中のそのガールズ・グループは、誰に支持されているのか?

LDH所属の女性グループE-girlsが、EXILEの妹分としてデビューしたのは2011年末。当初、方向性が定まらないDream、Happiness、Flowerといった各チームがE-girlsとして統合されただけの印象もあったが、その後の活躍は目覚ましいものがある。13年末には紅白に初出場し、14年3月発売の2ndアルバム『COLORFUL POP』は初週で8・9万枚以上も売れた。また、Dreamに属するAmiやAyaらをテレビのバラエティ番組で目にする機会も増加。かように、E-girlsのプレゼンスは間違いなく増しているが、彼女たちの支持層を理解できない読者もいるだろう。

この続きをみるには

この続き:5,025文字/画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

オタクとギャルは相手にしない! ターゲットは量産型女子大生!? E-girlsのしたたかな戦略

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

嵐とEXILE【2014年8月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。