学者もミュージシャンも魅了したカルロス・カスタネダの思想の危うさとは?

『ドン・ファンの教え (新装版)』(太田出版)

 日本では1970年代初頭から翻訳書が発売され、哲学者の鶴見俊輔、宗教学者の島田裕巳、中沢新一、社会学者の見田宗介、ミュージシャンの細野晴臣らから熱烈な支持を受けたカルロス・カスタネダの『ドン・ファン』シリーズ。人類学者である著者が、古代メキシコの伝統を引き継ぐ呪術師、ドン・ファンのもとで修行し、哲学的な対話や意識の変容を綴る内容だ。

 だが本書にはさまざまな批判もなされている。まず、ドン・ファンなる呪術師については、その実在を疑う声が多く、カスタネダの最初の妻も、カスタネダの著作に書かれている話は物理的事実としては存在しないとしている。

この続きをみるには

この続き:330文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

学者もミュージシャンも魅了したカルロス・カスタネダの思想の危うさとは?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

日本の“裏”を知る本100冊【2017年7月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。