批評性が求められる?――海外の写真教育事情

『写真総合』(インプレス)

 前記事「学生はアラーキーよりもSNSがお好み?――動画やインスタの台頭で変化する学問としての“写真”最新潮流」で話を伺ったフォトキュレーターの小高美穂氏は、大学の英文学科を卒業後に渡英。イギリスの大学院(Falmouth Collage of Arts)の写真学科で学んだ経歴を持っているが、どのような教育が行われていたのだろうか?

「ひとつ驚いたのは、社会人がとても多かったこと。フォトグラファーとしてすでに何年か活動していた人や、別の大学院を卒業した人など、年齢が高めの人が多く、大学を卒業してそのまま入学した私は最年少でした」

 また授業では、撮影の技術を教わることは一切なかったという。

「それは技術よりも何を表現するかを重視するということなのだと思います。作品制作はもちろん重要な比重を占めていますが、作品制作と同じくらい、作品を言語化することも求められました。自分の作品を言葉で説明することも、他人の作品を批評することも、リサーチを行うことも必要で、授業はディスカッションが多かったです」

この続きをみるには

この続き:261文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

批評性が求められる?――海外の写真教育事情

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

サイゾー

オトナの写真学【2018年6月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。