あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017

――本誌編集部が取材をした多数のアイドルファンの声をもとに、いまもっともエロい握手をするアイドルを選出!

■ガチ恋を誘引する包み込みスタイル
【1】小栗有以

15歳/AKB48 チーム8
「2万年にひとりの美少女」と呼ばれている、チーム8の筆頭エースで、握手会対応は48系グループ随一とも。両手でファンの手をしっかりと包み込む握手スタイルで、わずか15歳にして、すさまじい親密感を一瞬にして醸し出す超絶スキルの持ち主。顔の距離を40~50センチくらいにまで近づけてくれるため、女性への免疫に乏しい童貞マインドにあふれるファンならば、ほぼ一発で勘違いをしてしまう。要は、「私はあなたを好意的に見てるんだよ」とファンに思わせるわけだ。身体的なエロさがあるわけではないものの、手足が極めて細いため、「守ってあげたくなる」感も強く感じさせるのだという。

■ズッキュンポーズと恋人トーク
【2】秋元真夏

23歳/乃木坂46
水着のソロ写真集も出している、乃木坂46の人気メンバー。握手会にはオフショルダーの私服で臨むことが恒例となっている。さらに下半身はミニスカートと肌の露出度が高く、露骨なエロさが特徴。手をピストルの形にして構える「ズッキュン」ポーズが定番で、初期は実際に「ズッキュン」と同時に指でファンの体を突いてくれたという。いまでも、リクエストすれば体の近くで突くフリはしてくれる。握手の際は「私も大好きだよ」「私に会いに来たんでしょ?」と、恋人前提の語り口で会話してくれる。ファンの両手を両手で包み込むような握手も得意技。恋人気分を味わえるのがたまらない。“天性の釣り師”といえるだろう。

■「見えてましたよ!」で認知を演出
【3】宮崎由加

23歳/Juice=Juice
Juice=Juiceのリーダー、通称“ゆかにゃ”。ハロプロは基本的に、握手会時の衣装はステージ衣装のまま。握手はファンの手を両手で包み込むスタンダードなタイプながら、キュートなタレ目で上目遣いをしつつ、顔をぐっと近づけてくるのが特徴。「あざといまでにかわいい」ので、「あざかわ」と呼ばれている。ハロプロのアイドルは48系などと違って、「認知」(アイドルがファンの名前と顔を覚えていること。握手の際にアイドルの側から名前を呼ぶ)は基本的にナシなのだが、代わりに彼女は「ライブのときに会場の〇〇のあたりにいましたよね?」「目が合いましたよね?」とのレスをくれる。そうした健気な姿勢に惚れるオタが続出中だ。

この続きをみるには

この続き:1,039文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

大人のための「エロ」読本【2017年8月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。