新聞識者コメントは日本会議だらけ…朝日新聞と文春がリード?生前退位報道の中身

――紙媒体は生前退位の第一報をどう報じたか? 12紙誌完全比較!


■読売新聞(7月14日朝刊)
「政府、ご負担を考慮」

読売新聞の報じ方の特徴としては、政治面の充実が挙げられる。各者匿名ながら、「陛下のご意向を何よりも尊重すべきだ」(自民党幹部)、「生前退位はやむを得ない」(公明党衆院議員)といったコメントを多数掲載。政治側の賛成ムードを伝えた。一方で社会面では、憲法学者であり日本会議の中枢人物である百地章・日本大学法学部教授の「天皇陛下のお気持ちであっても生前の退位は難しい」とするコメントを掲載。総合面では「基本的人権の尊重といった観点から退位を認めるべきだという学説も」と、5大紙の中で唯一この点に言及するなど、立体的な展開を取った。

この続きをみるには

この続き:3,366文字/画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

新聞識者コメントは日本会議だらけ…朝日新聞と文春がリード?生前退位報道の中身

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

日本のタブー【2016年9月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。