これがヒップホップ的KAWAIIの最新形だ!――スダンナユズユリーが挑む“ネオ・レディース”

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(写真/磯部昭子)

――E-girlsから派生したヒップホップ・ユニットのスダンナユズユリー。そのメンバー3人が“ネオ・レディース”となって本誌に登場! USヒップホップの最新モードと日本のオールドスクールな不良文化が邂逅したスタイルは、次世代のKAWAIIかもしれない――。

 暴走族の青春を壮大なSF視点で描いたマンガ『AKIRA』。その舞台は2019年のネオ東京だ。今、世界では、アジアン・カルチャーが同作を思わせる“ネオ感覚”で再解釈されている。これに敏感に反応したのが、E-girlsの武部柚那、須田アンナ、YURINO(本ページ写真左より)によるヒップホップ・ユニットのスダンナユズユリー。最新MV「LOOK AT ME NOW」は“ネオ感覚”満載の映像世界だ。

須田「最初の案は王道で無難なヒップホップのMVでした。クオリティは高いけど安定してる、みたいな。一度そこで妥協しかけたんですけど、それじゃつまらないなと感じました。だから今の私たちができることをとことんやりましたね」

武部「衣装には3人の私服もたくさん取り入れているので、それぞれのキャラが出ていると思います」

YURINO「大事なのは他人の目線ではなく、自分たちの意思です。私たちが納得しなければ意味がないと思います」

この続きをみるには

この続き:1,266文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

これがヒップホップ的KAWAIIの最新形だ!――スダンナユズユリーが挑む“ネオ・レディース”

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

欲望の美人学【2019年3月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。