アイドルは3年後を逃すとやめられない――Dカップ地下アイドル姫乃たまが語る「アイドルグループの終わり方」

――本特集のイメージガールを務めてもらった姫乃たまに聞く、アイドルグループの「3年周期説」。

「姫乃たまのあしたまにゃーな」より

 アイドルには、“3年で引退”説というのがあります。グループかソロかに限らず、デビューして1年目は、自分がアイドルになれたことがただ楽しい。それが2年目に入ると、活動に慣れてきて「頑張らなきゃ」という意識が芽生え、3年目で「自分は売れないな」と見切りをつける。そもそも、地下アイドルって10代~20代前半の女の子が多いので、高校や大学入学のタイミングで活動を始めると、卒業、もしくは就職活動がちょうど3年目に来るんです。そこで決断をする子も少なくありません。

 私はデビューから一貫して、フリーのソロアイドルとして活動してきました。だからこそ、辞めるタイミングも自分次第です。対してグループアイドルに所属している場合、所属事務所の決算のタイミングで解散、メンバー入れ替えなどが行われることも多いと聞きます。地下アイドルの中でも比較的メジャーなアイドルグループは、たいていきちんとした事務所が運営しています。となると、3月に決算があることが多い。3月末に解散するアイドルグループが多いのには、そういう理由もあるのではないでしょうか。

この続きをみるには

この続き:582文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

アイドルは3年後を逃すとやめられない――Dカップ地下アイドル姫乃たまが語る「アイドルグループの終わり方」

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

Dカップアイドルと「限界説」【2017年5月号第3特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。