歴代ジャニーズの名作をディグる【4】【横山美雪】キスマイの新曲は全身性感帯級にヴィンヴィン感じます☆

嵐で「こんな曲っていままであった!?」とびっくりした曲が「P・A・R・A・D・O・X」【1】です。歌詞もアダルトな感じで、子宮にジンジン響くのですが、櫻井翔君の品が良いお坊ちゃん的なラップのイメージが、この曲を知ってからはちょっと変わりました。作詞を担当しているAKIRAさんは、ブラックミュージックに造詣の深いプロデューサーなので、イントロから嵐のポップで明るいイメージを覆す重厚感あるトラックが、またしても子宮を刺激してくれますね。大野君の「イェー!」という魅惑の歌声もかっこよさ満点で、グイグイ引き込まれちゃう。Aメロのポワンポワンしたワンループもクセになるし、”歌あってこそ”の嵐ですが、それをヌキ……もとい、抜きにしても、クラブで楽しめるダンスチューンだと思います。

この続きをみるには

この続き:1,264文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

歴代ジャニーズの名作をディグる【4】【横山美雪】キスマイの新曲は全身性感帯級にヴィンヴィン感じます☆

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

嵐とEXILE【2014年8月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。