処女性を求められる流出の末路…日本の流出は命取り!スキャンダルの後始末

――日本での“性的スキャンダル”が御法度とされるのは、なぜなのか? もしかして対応によっては、さらなる成功の道が開けたんじゃないの? どうせダメージを喰らうんだったら、MUTEKIじゃなく、無敵になろうよ!

高崎聖子から高橋しょう子になっても、愛称は“たかしょー”!

 こちらの記事で触れた通り、キム・カーダシアンはセックステープ流出をものともせず、成功を手にした。ほかにも女優のミンカ・ケリーやラッパーのイヴ、男性でも俳優のコリン・ファレル、リンプ・ビズキットのフレッド・ダーストらのセックステープが流出しているが、その後の活動に支障を来したか? と問われれば、そこまで大きなダメージは喰らっていない。13年、アメリカのシンガー、デミ・ロヴァートが「芸能界で有名になりたいなら、セックステープを出せばいい」と発言したことが話題となったが、デミのような20そこそこの女性がこうした発言をできてしまうこと自体、アメリカの流出に対する寛大さを物語っているともいえる。

 一方の日本はどうか。動画ではなく、コンドームを手にした写真の流出で日本テレビを退職することになった夏目三久、ベッキーは不倫騒動で芸能活動を休業、藤本綾はフェラ写真流出で芸能界を引退、という例まである。

この続きをみるには

この続き:345文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

処女性を求められる流出の末路…日本の流出は命取り!スキャンダルの後始末

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

スキャンダル社会学【2016年5月号第1特集】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。