【遠山茜子】「裸祭りが地元の誇り!」No.1ギャルと呼ばれる苦悩

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

(写真/オノツツム)

 やっと暖かくなってきたこの時期、洗濯物にツツミカクサレたのは、遠山茜子ちゃん。“No・1ギャルモデル”と呼ばれる通り、日焼けした肌とのコントラストがまぶしかったです。

「でも私、それほどギャルじゃないんですよ! だって本物のギャルって、つけまつげを300本とかつけるんですけど、私はいつも140本だし!」

 十分ギャルな気がします……。

「確かに高校生のときから、『学校で一番のギャル』って言われてました(笑)。ほかのクラスで私よりスカートの丈が短い子がいたら、『負けたくない』って思って、次の日はもっと短くしてたんで、メンタルはギャルだったかもしれないですね」

この続きをみるには

この続き:1,224文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【遠山茜子】「裸祭りが地元の誇り!」No.1ギャルと呼ばれる苦悩

サイゾー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

サイゾー

“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

和モノ写真進化考【2019年4月号グラビア連載】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。