【無料公開中】やっぱり『ナルト』人気は高い!イスラム世界の人々が好きな日本のアニメとは?

 現在、イスラム世界の人々は、どんな日本アニメを楽しんでいるのだろうか? SNSを通じてインドネシア、マレーシア、イラク、イラン、アラブ首長国連邦、ヨルダン、バーレーン、モロッコなど、10代後半~20代前半の男女に話を聞いた。

 まず、世界のイスラム圏で共通して人気となっていたのは『NARUTO-ナルト-』だ。ほとんどの人々が「好きで見ている」または「人気がある」との回答を寄せてくれた。マレーシアの10代女性からは「弟が『ナルト』を見て、かなり感化され始めている」と、やや困惑気味のコメントも。

 また、そのほかに人気のアニメとして回答が多かったのは『名探偵コナン』『ワンピース』『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『BLEACH』『進撃の巨人』『HUNTER×HUNTER』など。インドネシアでは『ワンパンマン』がブームになりつつあるという情報も寄せられた。少数意見としてはジブリ作品全般、『黒執事』『コードギアス』『デスノート』『城下町のダンデライオン』などが挙げられた。そんな中、日本のアニメのコアなファンであるという10代のムスリム男性から、次のような意見も寄せられている。

「日本は無料動画サイトを規制すべき。ほとんどすべて無料にしちゃったら、日本のアニメ産業が衰退してしまう」

 そもそも無料にしているわけではないし、違法サイトの存在は日本の規制だけではどうにもならない……。が、日本のアニメだけではなく、業界そのものの未来を案じるイスラム世界の人々がいるという事実は注目すべきではないだろうか。

ISもアニメを見れば武器を捨てる!? 戦地におけるアニメの可能性

ISの脅威が叫ばれる中、戦場のイスラム教系兵士の間で、日本のアニメはどう語られているのか? 自衛隊OBで元傭兵の高部正樹氏に話を聞いた。

「アフガニスタンやボスニア、東南アジアで活動していた時、サウジアラビア、UAE、イラク、エジプトなどから来た多くのイスラム教徒たちと接しました。彼らとは、『キャプテン翼』『ちびまる子ちゃん』『名探偵コナン』など日本のアニメの話で盛り上がることもたびたび。中には「『ちびまる子ちゃん』って少しエッチだよね』という斬新な解釈をする兵士もいましたし、ゲームの『ときめきメモリアル』に夢中になるトルコ人もいました。サブカルチャーは戦場でも、コミュニケーションツールとしての力を持っていたような気がします。今後、ISの人たちには『ガールズ&パンツァー』や『艦隊これくしょん』などを見てもらいたい。本人たちがまじめにやっている戦いを萌え化されたら、噴き出したり、脱力してしまう兵士も出てくるんじゃないかと思うんです。なによりミリタリーをゆるく描くことで、日本は軍事力で問題を解決するようなやましい考えはないとアピールすることができるかもしれません(笑)」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

サイゾー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。