見出し画像

娘との距離に悩む全てのお父さんたちに送る、父と仲良い娘から見た“うちの父”

タイトルからして父への家族愛がすごい。笑
言うて別にファザコンではない。笑

現在、父と私、イッヌの2人と1匹暮らしをしていています。
日頃Twitterで父ネタを呟く度に通常の1.5~2倍のいいねがつくので、「これはもしや父娘の仲良しの秘訣が知りたいのか?!」と思い、書くことにしました。

※大前提として、私の主観です。各家庭の事情はかなり違うと思うので全てを実施したからといって将来娘に嫌われないという絶対の保障はしません。自己責任でオナシャス。
※私には姉がいますが、姉と父は特に仲良いわけじゃないので、この投稿は完全私の主観です(2回目)。


■身体的・精神的セクハラをしない

これは以前Twitter上でも問題になっていました。そのツイートらを見ていて心苦しくなりました。有り得んな…。
特に思春期多感な年頃に、冗談でも娘にセクハラ言おうもんなら一生恨まれても仕方ねぇなって思います。

例えば、小さい子が言うような「おしり」等の下ネタ(と言っていいのか分からないけど)は、よく言い合って笑ったり、私からお父さんのお尻叩いて仕返しくらったり…ということはありました。
けど、お父さんからお尻触ったり、思春期に「胸大きくなったな」等の発言は一切無かったですね。
(いやまあ、貧乳なんで気づかなかった可能性の方が高いんですけど…)

それに中学生になった頃(もちろん今でも)には、私がお風呂入るとき・出るときも「風呂入ったー?トイレ行きたい」「いるから出るの待って」「服着たー?そっちいっても平気ー?」などの声掛け、気遣いがありました。
私はあまり気にしない方ですが、世には家族にすら裸は見られたくないと思ってる女の子は沢山いるし、そう思うことを母親でも知らないこともあると思います。
“家族だから”と言っても、そこの気遣いは大切かなぁと思います。

■生理への理解がある

上記に続きますが、父親嫌ってる子のツイートの中には

初めて生理が来たとき、父親にからかわれた

と言ってる方を何人かお見かけしました。これも有り得ないっすね、つーかふざけんなよ。
娘に生理が来たとき、私が思う正しい反応はスルーかな。もし男兄弟がいて、からかってきたらお父さんがきちんと叱ってくれれば信頼あるなって思えるかも。(あくまで想像)

だけど、娘が生理痛辛かったりダルそうにしていたら、遠慮なく心配してください。イライラしているので、気遣いまくってください。笑
とは言っても、どうして欲しいかは人それぞれなので、その時の希望を聞いてあげてください。
間違っても、「無理してでも学校・職場へ行け」なんて絶対言うなよ?

我が父は、「生理痛辛い!無理!」って言うと、「じゃ休んば」「薬買ってくる?」と言ってくれます。
更には、頼めばナプキンも余裕で買ってきてくれます。これが理想形態!笑

ちなみに、彼氏とお泊まりデート行こうと何も言わないです。なんなら、宿まで取ってくれます。笑
性教育はとても大事ですが、個々の性の話はタブーだと思っておいた方が良いかと思います。

■否定しない

父母関係なく、親に否定されるって悲しいです。
「〇〇やりたい」「〇〇にしようかな」などなど、子の意思は一旦飲み込みんで欲しい。そして私が親になったときは、そうでありたい。
私の母は割と否定から入るタイプだったので、父と2人で暮らすまではかなり辛い思いをしてきました。
ダメならダメで受け入れてもらえない理由を納得できるまで話し合う、どうすれば良いか打開案を提示する…などしてもらえないと、理不尽に否定されたのではたまったもんじゃない。

■自分から謝る

Twitter上ではすっげー仲良く見えてますが、今でもたまに喧嘩します。
喧嘩のときもあれば、私が一方的にムキーってしてるときもあります。笑
悪いと思ったら父の方から謝ってきます
ふざけながら謝って来る時もあるので、そういう時はムカつき倍増ですが笑、ちゃんと謝れジジイ!って怒ると真面目に謝ってきます。笑

あと、いつも父がやってくれていることを気まぐれで私がやると、気づいてお礼を言ってくれます。笑
や、お礼言うのこっちの方やでって感じです。
なので、次も気まぐれでやるかってなります。(あくまで気まぐれ笑)


多分、ここまでが娘に嫌われない最低限度の行動だと思います。
…ってー、なんか完全に家族自慢だこれ。笑
でも、まだあるんだこれが。

■送り迎えをしてくれていた

小学生高学年の頃、ほぼ毎日のように隣駅まで塾へ通っていました。
授業が終わって21時頃には最寄り駅に着くんですが、塾がある平日は毎回最寄り駅で父と待ち合わせして帰宅していました。
土日は塾の前まで車で送り迎えをしてくれていました。

フレックス制とか働き方改革などないちょっと前の話だし、今以上に忙しかったであろうによく間に合っていたな~と思ってこのNoteを書きながら父に聞いてみました。
「頑張って間に合うように仕事片付けてたんだよ」
......圧倒的感謝。

ちなみに、今でもその名残みたいなのは残ってて、〇時に帰ると連絡すれば私が帰るまで起きててくれたり、犬の散歩がてらバス停まで迎えに来てくれたりします。

■中学高校の6年間毎日お弁当を作ってくれていた

中高6年間、ほぼ毎日お弁当作ってくれました。
私が玉子焼き飽きたって文句言っても喧嘩しても毎日作ってくれていました。
更に言うと、毎朝私のお弁当と同時に夕飯の仕込みまでしてました。
更に言うと、毎朝犬の散歩もしていました。

それで尚且つ働いていたんですよね、まじですごい。
身内贔屓なしにすごい。
でも、文句言っても玉子焼きは必ず入ってました。笑

お弁当を作ってくれたことや毎日送り迎えをしてくれたことだけでなく、仕事にプラスして家事もこなしていた姿は尊敬するなと思います。
もし、これが仕事が忙しいからと言って家事全部を奥さんに任せるような人だったら、多分今こんなに仲良くないと思います。
案外、子どもって見てますよ。家事できるお父さん、尊敬しないわけないじゃん。

■泣くのを恥ずかしがらない

世のお父さんの何割が、子どもの前で泣いたことあるんでしょうか。
我が父は、とても涙もろいです。ドラマや映画観ていて「え、もう泣くの?!」「ここで泣けるの?!」と驚くレベルに目真っ赤にして泣いてます。笑

愛犬が亡くなってしまったときも泣いてました。
泣きたいときは泣けばいいです、大人だろうと親だろうと。
子どもの前で涙我慢してまで強がったところで、生まれるものって無くない?って私は思います。


■最後に

父の名誉のために言いませんが、父にも人様に言えないような失態は数々あります。
それでも、私が父と仲良くしていられるのは、今まで私に対してこんだけのことをしてくれていたからなんだろうな、と思います。
逆に、過去の数々の失態をこんだけかけて回復してきたんだよ、とも言えますが。笑

こうして書いてきて一番思うのは、

娘には常に紳士であれ

ですよ。っていうかね。
娘に好かれる理想のお父さんNo.1
お父さんのお手本にしたいNo.1
旦那さんにしたいNo.1
の 木之本藤隆さん (カードキャプターさくら 主人公さくらの父)を見習ってください。


以上、どいつま家の父娘事情でした。
少しでも、世の悩めるお父さんたちの参考になれば幸いです。


( ˘ω˘ )<Merci
6

どいつま

東京理科大学という監獄で5年間過ごし、新卒として秋葉原の中小IT企業へ入社。学生時代はPythonistだったが、今ではC#erに。2年目になって、新卒採用に関わる。3度の飯と同じくらい美少女が好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。