羅生門(擬音マシ)

芥川龍之介 羅生門 青空文庫 より

 そこで、下人は、両足に力を入れて、

グッ

いきなり、梯子から上へ飛び上った。

ビュバォッ!!!

そうして聖柄の太刀に手をかけながら、

ガッ!

大股に老婆の前へ歩みよった。

ズイッ! ズイッ!

老婆が驚いたのは云うまでもない。

ドギャァァ~~~ン!

 老婆は、一目下人を見ると、まるで弩にでも弾かれたように、飛び上った。

グッ…

ビシュァァァァッ!!

「おのれ、どこへ行く。」

シュタタタタタタ!!!

 下人は、老婆が死骸につまずきながら、慌てふためいて逃げようとする行手を塞いで、こう罵った。老婆は、それでも下人をつきのけて行こうとする。

ギュオオオオッ! 

ビシッ!

下人はまた、それを行かすまいとして、押しもどす。

ガッ! ガッ! ガッ!ガッ! ガッ! ガッ!

ガッ! ガッ! ガッ!ガッ! ガッ! ガッ!

二人は死骸の中で、しばらく、無言のまま、つかみ合った。

グ……グググッ……!!

ピシッ……! バキッ……!

しかし勝敗は、はじめからわかっている。下人はとうとう、老婆の腕をつかんで、

グッ!!!

無理にそこへねじ倒した。

ビュオ…ッ

ドガァァァァァァァァン!!!!!!!

丁度、鶏の脚のような、骨と皮ばかりの腕である。

「何をしていた。云え。云わぬと、これだぞよ。」

 下人は、老婆をつき放すと、

バッ!!

いきなり、太刀の鞘を払って、

チャキーン

白い鋼の色をその眼の前へつきつけた。

ビシッ!

けれども、老婆は黙っている。

シ~ン

両手をわなわなふるわせて、

ワナ…ワナ…

肩で息を切りながら、

ハアッ…ハアッ…ハアッ…

眼を、眼球が瞼の外へ出そうになるほど、見開いて、

カッ!

唖のように執拗く黙っている。

シ~ン

これを見ると、下人は始めて明白にこの老婆の生死が、全然、自分の意志に支配されていると云う事を意識した。

ハッ

そうしてこの意識は、今までけわしく燃えていた憎悪の心を、いつの間にか冷ましてしまった。

プシュ~…

後に残ったのは、ただ、ある仕事をして、それが円満に成就した時の、安らかな得意と満足とがあるばかりである。

ホッ…

そこで、下人は、老婆を見下しながら、少し声を柔らげてこう云った。

「己は検非違使の庁の役人などではない。今し方この門の下を通りかかった旅の者だ。だからお前に縄をかけて、どうしようと云うような事はない。ただ、今時分この門の上で、何をして居たのだか、それを己に話しさえすればいいのだ。」

ド ン ッ!!!

 すると、老婆は、見開いていた眼を、一層大きくして、

カッ!!!!!!

じっとその下人の顔を見守った。瞼の赤くなった、肉食鳥のような、鋭い眼で見たのである。

ギロリ!!

それから、皺で、ほとんど、鼻と一つになった唇を、何か物でも噛んでいるように動かした。

モゴモゴ…

細い喉で、尖った喉仏の動いているのが見える。

ピクピク…

その時、その喉から、鴉の啼くような声が、喘ぎ喘ぎ、下人の耳へ伝わって来た。


「この髪を抜いてな」

ゴゴゴゴゴ…

「この髪を抜いてな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…!

「鬘にしようと思うたのじゃ。」

ズギャアアアアアアアアアアン!!!!!


To be continued...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すとランダムな褒め言葉が表示されます。

ガムいりますか? 持ってないので買いに行きますけど…
109

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。