見出し画像

ぼくとボブマーリー

Bob Marley (ボブマーリー) と言う名前を一度は聞いたことがあると思う。
本当は「ボブマーレィ」と書きたいところだけど、今回はあえて「ボブマーリー」で統一する。

言わずと知れたレゲエの神様と崇められるジャマイカのアーティスト。
長いドレッドヘアを揺らしながら、拳を高く上げて歌う彼の姿と歌に心を打たれる人は多いと思う。

ボブマーリーは、僕が音楽好きになったルーツとなるアーティスト。
曲だけではなく、ボブマーリーの存在全てが僕のルーツな気がする。

昔、冷暖房もなく乗り心地が最悪な父のランクルでいつも流れていた。
むしろボブマーリーしか流れてなかったから、昔の音楽の記憶がボブマーリーと昭和の仮面ライダーの主題歌くらいしか知らなかった。

ずっとボブマーリーを聴いてたわけではない、しばらく間が空いていた。

音楽は小さい頃からずっと好きで、中学の頃に"FIRE BALL"にどっぷりハマり、ジャパレゲを聴き始め少し経った頃に、本場ジャマイカのレゲエに興味を持った。

そのレゲエを掘り下げて行くと、当然のようにボブマーリーに辿り着いた。

あのレゲエ独特のゆったりしたリディムに、力強くも優しい歌声。
元気が出る。あまり覚えていなかった幼少時代を思い出す。

アルバムを買ったが、不思議と全曲覚えていた。今思えば父に借りれば良かったなぁ。

幼少時代に父の車で聴いていたボブマーリーと中学の頃に再会し、そこから今もまだ聴き続けている。

仕事やプライベートで、気分が落ちている時、イライラしてる時、そんな時にボブの曲を聴くと自然と元気が出る。

そして今度は僕が、娘を膝の上に乗せて、ボブマーリーを聴いている。
娘が大きくなっても覚えていてくれているかなぁ。
ボブマーリーは親子三代、引き継がれている最高のアーティスト。
心残りがあるとすれば、一度で良いからライブに行ってみたかったこと。

曲やレゲエについては今後少しずつ書いていこうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! noteに感想文を書く用の本やCDを買おうと思います。

シェアしてくれるとさらに喜びます!
6

DADA

なにものでもない。

音楽コラム

音楽に関する想いを勝手に語ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。