CXO≠デザイナー

2018年2月9日、CXOnight、濃厚でした。

僕はグラフィックデザインをベースとして、経営や技術的なことに首を突っ込みつつ仕事をしていく中で、「UXというものが改善でしかないのでは?それはすでに世の中に出て行ったもののためであって、これから一から生み出すものに適用はできないのでは?」という印象に対してずっとモヤモヤしていました。
特にブランディングをしようと思うと、最初からの印象の一貫性が重要で、中途半端に踏み出していいものではないので。

そして今日話を聞いて思ったのは、おそらくそれは正解で、深津さんにそう質問して、一発で当てるのではなく、何回も改善を回して良いものにする方が良いという回答をいただいた時に、ハッとしました。

デザインは、CI・ブランディングと呼ばれるのアイデンティティと、UXと呼ばれるユーザー体験改善をしていく行為の、別のレイヤーよって成り立っています。
最初は「やる人が何をやりたいことを体現すること」(CI)があり、その先に「そのやりたいことに共感してくれる人の意見を拾ってより良くすること」(UX)の2段階があります。

自分はこれを境なくやっていましたが、多分これは全くの別物で、職能として大きく違います。
どちらも抽象的な概念を具現化して図案化するという部分は共通ですが、前者はいわば伝えたい人に伝わるように声を大きくする拡声器であり、後者は同じものが好きだが違う言語を話す人たちを媒介する翻訳機といったところ。
いわゆるグラフィックデザイナーと名乗る人は、ビジュアルメイカーとして前者になることが多く、ウェブ・アプリデザイナーと名乗る人は後者の印象。デザイナーと名乗る人たちの中にいろんな人が存在するのは、この二つがごっちゃになってるからでしょう。

自分はおそらく意識は前者で、やってることはどちらもやるという状態になっていて、どこか、完成したものしか世の中に出してはいけないのではないかと感じていたのですが、場合によってはそうではなく、改善を前提にスモールに進めることも必要なのだと目が覚めました。もちろんデザインを妥協をするのではなく、優先順位をつけるという意味で。ロゴデザインや印刷物など後戻りや修正が難しいものに関してはじっくり進める必要があるので、こうした話にIT系の人が多くIDEOのようなリアルプロダクト系のUXの会社が少ないのは、改善を重ねやすい環境があるからでしょう。

そして職能を浸透させる上で、肩書きは重要でしょう。言語に思考が規定されるというように、「デザイナー」と呼ばれる人に何を頼めばいいのかということが明確でないと、デザイナーはなんとなくオシャレなものを作る人たちになってします。
その中で「CXO」(あるいはエクスペリエンス〇〇)というのは改善系デザインの職種として、これまでおそらくコンサルがになってきた部分が似通っているにもかかわらず、過度なビジネス臭を感じにくい、今の世の中的な認識としての「デザイナー」に対になる名前として、ちょうどいいかもしれません。

今日のまとめ

CXO兼CDOと呼ばれる日が来るといいなあ。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

Designer / Art Directer / DOTMARKS(和名:濁点)という屋号でデザインの仕事をしています。 / ツッコミの人。

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。