温泉

温泉に上手く入れない。


温泉は昔から好きだ。
なのに、最近になって上手く入れなくなってきた。
気づかぬうちに、のぼせてしまうのだ。


どうも、思い出が快適な温泉ライフの邪魔をするらしい。
24歳ともなると、温泉で生まれる思い出も少なからずある。


壮大な山々に囲まれた地で、厳かな空気を感じて浸かる、秩父の湯。
叶わぬ恋に泣く僕を、夜ごと優しく包んだ、北国の湯。
退職の折に誘われ、励ましの声に笑い涙した、都会のスーパー銭湯。


温泉に浸かるとき、露天風呂で眺めた幾つもの景色たちが、一瞬にして蘇ることがある。
過去の匂いが鼻腔をついて、止まらなくなる。


温泉は昔から好きだ。
けれど、温泉での思い出が増えるほど、入浴が下手くそになって良くない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

気に入ってくれてありがとう!
1

だりあ

"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

エッセイ集

面白いことしか書きません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。