見出し画像

【小説】始業式の風とキミ


随分としつこく居座った冬の厳しさがやっとこさ落ち着いて、
ぽかぽかした空気に眠気が止まらないある日。

今日は始業式。

久しぶりにきみが歩いてくるのを見かけたんだ。

相変わらず顔は俯いていた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ボクはきみがどんな顔をしてるか知らない。

きみを初めて見かけた日、
あの日は風が強くって、
ボクは立っているのに精一杯だった。

ただでさえ歩きにくい急な坂道を
強風に煽られながら一生懸命に
坂の上の学校目指して歩くきみ。
それでも顔は俯いていた。

あの日は風が強かったせいかなって、
来る日も来る日も見ていたら、
やっぱりきみはいつだって俯いている。

ボクはきみの顔が見たくなった。
いつも何に落ち込んでいるんだろう。
ボクに何か、力になれる事はないだろうか。

それからというもの、毎日毎日
何とかしてきみが前を向いてくれないか、
ボクはひたすら考えたんだ。

それこそ、きみに気づいて欲しくってウインクしたり投げキッスしたり、ときには呼びかけてみたり、いろいろやってみたんだぜ。

だけれど、全然きみはお構い無しで、
ボクは根負けしちゃった。

結局もうやれる事はないんだって。
ぼくはすっかり落ち込んで、
毎日のように涙を流した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんなある日、坂の上の学校は始業式のようで、久しぶりに制服姿の子どもたちがせっせと坂道を登っていく。

そんな子どもたちの姿が途絶えた頃、これまでにない突風が背中の方から吹き込んで、ボクの花びらがたくさん飛ばされてしまった。

あ、せっかくの花びらが。
まだまだ散ってしまうには早すぎる。

「人を振り向かせるにはこうやるんだ。分かったかい?」

誰かと思ったら、風くんじゃないか。
はちゃめちゃなことするもんだ。
随分と久しぶりだねぇ。
でもボクに耳打ちしたかと思ったら、
すぐにいなくなっちゃった。

彼は忙しいんだなぁ。
春先はカセギドキだって聞くし。

ふと、前の道を見下ろすと、
ボクの花びらが降り積もって
校門まで桜のカーペットを作っていた。

そこに、きみが歩いてきたんだ。


きみは泣いていたね。
顔が見えなくても、背中で分かったよ。
始業式、頑張って、無理して来たんだね。

桜のカーペットがきみの目に止まる。
きみは驚いて、ボクを見上げる。

きみは泣きながら笑っていた。
人間の顔がこんなにも美しいだなんて、
ボクは知らなかったよ。

「わたし、行ってきます。」

「こんなに素晴らしいものを見せてくれてありがとう。」

きみはボクにそう言った。



「うん、行っておいで。」

感謝するのはボクのほうなのにね。

#小説

#ショートショート

#ショートショート創作サロン

#ブロギル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

宜しければシェアもお願いします!
7

だりあ

"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

ショートショートの館

これまでの僕の足跡。コンテストの応募作品は【各コンテスト参加作品】のノートに纏めています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。