車

所有が上手くできない。


僕は、上手く所有することができない。


所有とは、どんな状態を言うのだろう。
たとえば、車を買ったとする。

買ってから、車を乗り回す。
これが、車を所有するということなのだろうか。


そしていつか、車が壊れるときが来る。
乗れなくなるときが来る。

それでも、車を所有していることに違いは無いはずだ。


所有することで得られるものは、何か。
それは、便利さか。
はたまた、優越感か。

それは所有することでしか得られないモノなのか。


それが時々分からなくなって、つい僕は下手に所有してしまう。
やがてそれを要らないと感じたときには、僕は下手くそな所有のせいで、ひどく落ち込んでしまう。

次はもっと、上手く所有したいと願う。


上手く所有するということ。
それは、「できるだけ所有しないということ」に近いかもしれない。


所有することで、僕自身が根本的に変わることはない。
所有しないことで、僕自身が改悪されることもない。

僕は、どこまでいっても僕でしかない。


むやみに所有することは避けよう。
代わりに、誰かに何かを与えたい。


与える行為で、僕をカタチ作ろう。
そうして僕を、僕たらしめよう。


手に入れることではなく、与えることで、存在意義を見出す。

これを僕の、所有の流儀としよう。
(4月、不用品で溢れた自室にて)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

宜しければシェアもお願いします!
1

だりあ

"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

エッセイ集

面白いことしか書きません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。