見出し画像

そうだ、会社を休もう

突然ですが、
先週の水曜日、会社を休みました。


理由は、

小説が書きたかったから。



そう、これは

趣味休暇です。



私は最近、趣味で
小説の創作・投稿をおこなっています。

私のマガジンにある、ショートショートの館をご覧になってみてください。

まだ趣味の域を出ませんが、
いずれ小説を書いてご飯を食べていきたいと考えています。

いわば、ガチ趣味です。


いまは会社で仕事をしながら小説を執筆していますので、体力的にも精神的にも、小説創作に捧げられる領域が少ないのが現状です。

仕事 : 小説 = 8 : 2
というのが正直なところ。

疲れきって会社から帰ってくる、
そのあと小説のことを考えたり、創作したりする。

そうすると、どうしても作品の質や創作の効率に少なからず影響がでてきます。


次第に私の中に、ある考えが浮かぶようになります。

小説(趣味)

の事を考える時間を

1日でも多く確保したい。


世の中に確かな事は無いと言えど**
これだけは、確かなことがあります。



それは、

私がどれだけ第一に会社の事を考えようとも、会社が私を第一に考える事はない。


1度きりの人生、自分の好きなように生きた方が絶対にお得です。


そして、会社があなたを縛り付けるヒモは幻想である事に、いち早く気がついてください。



私も初めて趣味休暇を取った日には

罪悪感のようなものを覚えましたが、

今では何も思い煩う事なく、

気持ちよく休んで、趣味に没頭しています。


あなたも、趣味休暇を取ってみたらいかがですか?


*自分の人生、どう生きるもあなたの自由なのですから*


#趣味休暇

#会社を休む

#ボクの胸中

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

気に入ってくれてありがとう!
6

だりあ

"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

本と、本気で、向き合うセイカツ

念願叶って書店員になったボク。やりがいとギャップと雑念が駆け巡るセイカツ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。