見出し画像

あなたが主人公の物語(vol.4)


*いつも通りの日常*


「あなたって本当に面倒くさがりなのね。どうしてこんな仕事してるのよ?」

少なくともアンタと毎日顔を付き合わせたくて、この仕事を選んだわけじゃない

わたしだって仕方ないの、だからもう少し穏やかにやりましょうよ、仕事の時くらいしか会わないんだから


「ずいぶんと久しぶりじゃないか。今日はどうする?」

コーヒー、うんと濃くしたの、ちょうだいね

職場と、家と、それからカフェ

その3つが、私の居場所のすべて

そう考えると、けっこう大事にしなきゃいけないこの時間

久しぶりに来ると、肩の力が抜けるのをちゃんと感じる

コーヒーの濃さが、頭の中のアンタを洗い流していくようで、気持ちいい


「おかえりー。ゆっくりできた?ご飯もうすぐできるから、座って待っててね。」

おかげさまで、どうもありがとう

ときには頭に来るけれど、

あなたがくれるこの日々に、

私とあなたは生きている


そうして私は、夜とあなたに包まれていって

心地よい温もりが、私の身体を巡ったら、

こんな夜には似合わない、

アンタがときどき顔を出す


どうか果てしなく遠い、

私達の見えないところまで、

アンタの気が済むまで帰ってこないでね


#小説

#ショートショート

#あなたが主人公の物語

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

気に入ってくれてありがとう!
5

だりあ

"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

ショートショートの館

これまでの僕の足跡。コンテストの応募作品は【各コンテスト参加作品】のノートに纏めています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。