見出し画像

【廃業します】 フリーランスが行なってはいけない【3バカ戦術】

僕はフリーランスとして田舎で起業をして4年目です。blueto建築士事務所という設計事務所を経営しながら、空き家活用、古民家再生、地域資源を活かしたリノベーションを行なっています。


先日こういったツイートをしました。

3バカ戦術をやる企業やフリーランスは消えていきます。
1.安売り
2.長時間営業
3.人海戦術

これの逆を狙わないと生き残りが難しい

1.高利益
2.短時間労働
3.ワンオペ

どんな仕事が思い当たりますか?
思い当たらなければ危ないかもしれません

物が売れない、企業に頼らずに個人が副業・兼業もしくはフリーランスとしてお金を稼いでいかなければならない時代になってきました。

そんな時代に、「3バカ戦術」と呼ばれる働き方があるのはご存知でしょうか?

今まで、この働き方をしているお店やフリーランスを見てきましたが、誰一人として長続きをしませんでした。

今回は、なぜ3バカ戦術がいけないのか、その理由を解説していきたいと思います。



・3バカ戦術とは?

まず、3バカ戦術とは何かを詳しく解説します。

冒頭紹介した通り、「安売り」「長時間営業」「人海戦術」の3つです。

3バカ戦術と呼ばれる由来は、バカでも思いつく営業方法だからです。

結果的に、この3つを繰り返しても、薄利多売で一向に利益が残らない状況に陥り、心身とお金の消耗が続き、いずれは辞めざるおえない状況となります。


実際に僕自身もフリーランスになったばかりは、仕事がなく、この3バカ戦術を行なっていて、大変後悔しました。

今から起業してフリーランスになっていきたいと思う方に同じ道に行かないようにと思い、ここで紹介していきます。


その理由は以下の通りです。

・「安売り」をしても利益が残らなければ意味がないです。

・「長時間営業」をしても現場が疲弊していき、事務所コストや人件費コストがかかり続けます。

・「人海戦術」をしても闇雲にただ動き回るだけでは、人件費や交通費がかかるだけで成果は少ないです。


では、どうすれば良いのかを解説していきます。



・3バカ戦術の逆をいく

先ほど紹介した通り、3バカ戦術はバカでも思いつくと言われています。

つまり、その逆の戦術を取ることが有効な戦術だと思っています。

3バカ戦術は、「安売り」「長時間営業」「人海戦術」ですが、その逆は、「高利益」「短時間労働」「ワンオペ」に言い換えることが出来ます。


これから起業開業される方は、基本的にこの3つが当てはまる業種を選んだ方が、失敗しにくい働き方になりますし、今現在3バカ戦術を行なっている方は、すぐにその逆を行く努力をしていくべきです。

僕自身もすぐには改善が出来てはいませんが、徐々に改善を行なっています。



・具体的にどうしたらいいか?

では、3バカ戦術の逆を行くためには、具体的にどういった行動を行なっているのか紹介していきます。


「高利益」

「高利益」は最も難しい課題の一つです。

なぜなら建築の仕事の場合、材料や人件費の相場は決まっているからです。いきなり値上げすれば、お客さんにも迷惑をかけますし、ライバルの多い業種なので、実施不可能に近いです。


ではどうやって、高利益を出していけるのか検討した結果、2つの方法を行なっています。


①空家活用のノウハウをnoteで売る。
これは仕入れ費用はゼロの情報商材になるので利益率が非常に高い商品です。


②空家活用のコンサルティングの仕事を行う。
現在2つの地域から空家活用でのコンサルティングの仕事を受けています。僕が持つ空家活用(調査、空家管理など)のノウハウを地域の自治体に教えて、地域で動いてもらう内容です。この仕事も、ノウハウが商品となるため、高利益の商品となります。




「短時間営業」

短時間営業も実は一番出来ていない課題でもあります。

結局3バカ戦術から抜け出せていないのでは?と言われそうですが、そうではありません。

ただ単に長時間働き続けるのではなく、起業して4年目なので、今は業務の積み重ねフェーズと思い、人の倍働く意識をしています。

そして、徐々に業務の積み重ねが出来てきたら、短時間営業に切り替える予定です。そうして出来た時間で、新しいことへのチャレンジや会いたい人へ会いに行けるようにする予定です。

つまり、短時間営業を行うためにあえて今は長時間営業を行なっているといった方が正解です。



「ワンオペ」

以前は、忙しくなるとアルバイトを雇ったりしていましたが、そうなると定期的な費用がかかるため、現在は業務内容の一部を信頼できる協力業者さんへ外注化する事にしています。

そして、全ての業務は自分一人で管理できるように仕組みづくりを行なっています。




「まとめ」
・3バカ戦術とは?
→「安売り」「長時間営業」「人海戦術」といったバカでも思いつく戦術のことです。これらを続けるといずれは疲弊して行きます。

・3バカ戦術の逆をいく
→3バカ戦術は、「安売り」「長時間営業」「人海戦術」ですが、その逆は、「高利益」「短時間労働」「ワンオペ」に言い換えることが出来ます。

・具体的にどうしたらいいか?
→常に3バカ戦術の反対の戦術を考えることで、潰れない働き方をする。


以上が、フリーランスが行なってはいけない3バカ戦術についてでした。この戦術に当てはまるような働き方では、消耗していくだけで最悪の場合廃業も十分にありえます。

そうならないためにも、今からその逆を行けるように考えて行動していくことをお勧めします。



今後も、「田舎で起業」「空き家の活用」「フリーランスの働き方」などをテーマに記事を書いていきます。

記事を読んで、参考になったと思えば、フォローしていただけると嬉しいです。


最後までご覧いただきありがとうございました。

吉岡 大 / Dai Yoshioka

blueto建築士事務所 代表
『暮らしのリノベーション』 をコンセプトに、海の京都・丹後を発信するblueto設計事務所 代表 | 建築設計|住まいのリノベーション|空き家不動産 5件棟運営 | 地域PR動画制作|里の公共員 特別職公務員|28歳でサラリーマンを退職 起業独立して4年目 |自然豊かな田舎に暮らしながら、複業的な働き方をおくっています

HP               http://blueto.jp
Facebook   https://www.facebook.com/blueto.SNS/
Twitter        https://mobile.twitter.com/BluetoTango
Instagram   https://www.instagram.com/blueto.ins/





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これからも、自分の実体験を元に、空き家活用や田舎で起業の情報を記事にしていきます。サポートいただけるとこれからも励みになります。

ありがとうございます!
16

ダイ / 空き家再生しています @毎日更新中

京都丹後 blueto設計事務所 代表| ▼田舎でフリーランス4年目 ▼空家物件 7棟賃貸運営| ▼note@毎日更新中『空き家活用』『田舎暮らし』『フリーランスの働き方』情報発信| ▼Twitter https://mobile.twitter.com/dai_kyoto

#フリーランス働き方 記事まとめ

田舎で起業して4年目。起業のコツや実体験を元にこれから起業をされる方に参考になる内容の記事をまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。