見出し画像

空き家活用をする理由

こんにちは。吉岡大です。

僕はblueto建築士事務所という設計事務所を経営しながら、空き家活用、古民家再生、地域資源を活かしたリノベーションを行なっています。

その中の事業の一つとして、空き家活用があります。この事業こそがblueto建築士事務所の背骨となるメイン事業です。今回は空き家活用についての現状と今後について紹介したいと思います。


・空き家活用をする理由

日本全国の問題と言って良い空き家増加問題。人口減少に伴い、供給過剰な住居が余ってきており、全国各地で空き家の数が増加しています。

(※資料 国土交通省調べ)

検索エンジンで    [ 空き家 現状 ]

とか調べると、人口減少・超高齢化社会・消滅可能都市。。、などなど日本の未来について、とても暗いデーターしか出てきません。

正直、人口減少する事は事実であって、止める事は出来ません。肥大化し過ぎた街もある程度消える事は、自然の摂理だと思うのです。

それよりも僕は、今まで長きにわたって建ち続けていた歴史ある古民家が朽ちて無くなる事が、本当に寂しいです。

また、田舎が無くなるから都会へ行く、という「都会一極集中」しか選択肢が無くなる事が非常に残念です。


僕が空き家活用を行う理由は、

「人口減少に歯止めをかける」とか「移住者を受け入れ地域を盛り上げよう」とかそこまで大きな理由はありません。

単純に歴史ある本当に良い建物。昔の貴重な材木を使って、大工さんの手仕事で建てあげた古民家とそこの里山の暮らしこそ、日本人の原点であり、残すべき資産だと思っています。

古民家を活用、リノベーションすることで、地方での人それぞれの自分らしい暮らしの実現こそが、僕の空き家活用の原点です。


・空き家活用の展望

現在(2019年4月)、自己運営の空家を5棟を保有しています。この夏までに2棟空き家活用物件を増やします。将来的には30棟をblueto建築士事務所で運営を行ない各物件ごとに繋がりを持たせたサービスの提供を考えています。

古民家維持やリノベーションの多くの必要な経費がかかります。その経費を考えると最低でも30棟の維持費で、事業を回さなければなりません。

実際に現状放置される空き家は、所有者がリノベーションできる費用がないだから放置する。

最悪の場合は、解体する費用も無いから、廃屋のまま放置するといったありさまです。

人が住まないことで、資産から負債に変わるのが不動産です。一度負債になるとなかなか元に戻す事は出来ません。再び人が住める様にするためには、所有者が費用を使ってリノベーションするしかありませんが、なかなかその費用を使う人はいません。


そこで考えたのが、空き家同士のつながりです。


空き家を複数所有して、賃貸物件からの収益をそれぞれの物件から得ることができます。得た収益を元手にして、本当に残すべき価値のある物件を見極めて、リノベーションを行い、空き家の修繕やリノベーション費用に再分配します。

空き家の数が増えれば増えるほどに連携が増えて、「空き家同士のつながり」が生まれます。「空き家同士のつながり」の人・物・金・情報によって新たな価値観が生まれることを機会しています。

現在行なっているのは住まいだけの提供ですが、今後の空き家活用で飲食店のテナントや宿泊場など事業に挑戦できる場の提供も行なっていく予定です。

そんな空き家活用で、自分らしい暮らしを丹後で行なってもらえる場の提供こそが、僕の仕事だと思っています。


・本当の意味の地域活性化を目指して

現状も丹後移住希望者の話を聞いていますと、空き家を購入するリスクは高すぎる。賃貸なら住みたいと言ったニーズを聞きます。

たしかに大きなお金を使って、家を買ったはいいが、その地域と合わなかった場合に非常にリスクがあります。そのリスクを僕が負う事で、その人が本当に楽しめる場を提供し続けたいと思っています。

その循環が徐々に大きくなって、田舎暮らし・古民家暮らしをして良かったと思える人が増える、交流が生まれる事が、本当の意味での地域活性化だと思います。

空き家活用を始めて4年。少しずつですが、自分のビジョンに向けて動いています。そして、これからの田舎での暮らし方、本当の地域活性化に向けて頑張っていきます。


最後までご覧いただきありがとうございました。


吉岡 大 / Dai Yoshioka

blueto建築士事務所 代表
『暮らしのリノベーション』 をコンセプトに、海の京都・丹後を発信するblueto設計事務所 代表 | 建築設計|住まいのリノベーション|空き家不動産 5件棟運営 | 地域PR動画制作|里の公共員 特別職公務員|28歳でサラリーマンを退職 起業独立して4年目 |自然豊かな田舎に暮らしながら、複業的な働き方をおくっています

HP               http://blueto.jp
Facebook   https://www.facebook.com/blueto.SNS/
Twitter        https://mobile.twitter.com/home
Instagram   https://www.instagram.com/blueto.ins/




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これからも、自分の実体験を元に、空き家活用や田舎で起業の情報を記事にしていきます。サポートいただけるとこれからも励みになります。

ありがとうございます!良ければフォローもお願いします!
33

ダイ / 空き家再生しています @毎日更新中

京都丹後 blueto設計事務所 代表| ▼田舎でフリーランス4年目 ▼空家物件 7棟賃貸運営| ▼note@毎日更新中『空き家活用』『田舎暮らし』『フリーランスの働き方』情報発信| ▼Twitter https://mobile.twitter.com/dai_kyoto

#空き家活用 記事まとめ

空き家活用したい人向けの情報マガジンです。 空き家の活用方法やノウハウについてまとめています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。