大学職員の採用試験を受ける前に確認しておきたい大学関連ニュース(2019年2月前半版)

はじめに

大学職員の採用試験では、「最近、大学関連で気になったニュースはありますか」などと、大学業界に本当に興味があるか、どのような点に問題意識を持ち、どのような考え方を持っているかについて問われることがあります。

このような質問に対しては、直近の大学関連のニュースを事前にチェックしておかないとうまく回答ができなくなってしまいます。

また、その他にも、「よりよい大学となっていくためにはどのような取組を進めるべきか」、「大学職員になったらどのような取組をやっていきたいか」など、これから実施すべき取組についての提案を求められることもよくあります。

このような質問に対しては、何も情報がない状態で自分独自の考えを述べることは難しく、一般的には、他大学で実施している特色ある取組を紹介する形で提案をしたり、それをヒントに新しい取組を考えて提案したりすることになると思います。

これらの対策を行うためには、インターネット上で事前に大学関連のニュースを確認しておくことで対策を練ることができますが、就職・転職活動中に様々なサイトから必要な情報を確認することはかなりの負担になると思いますし、見つかった事例が先端的な取組なのかどうかを判断することは難しいと思います。

そこで、大学職員歴10年以上で、採用試験の面接官を担当させていただいている私が、ここ最近の大学関連のニュースで、先進的でおもしろいと感じた取組や知っておくべきと感じた事例について、分野ごとに各取組・事例の概要をまとめさせていただいています。

また、各取組・事例については、これまでの大学職員での経験を踏まえ、各取組・事例が職員としてはどのように感じるか、取組・事例は大学業界の課題を解決に導くようなものなのか、取組・事例を見るうえでの注意点なども併せて記載するようにしています。

ここで紹介する取組・事例で気になったものについては、各大学のウェブサイトなどで詳細を調べていただき、自分なりの考えをまとめていただいたうえで、採用試験に臨んでいただくとより適切な対応ができると思います。

今回は、2019年2月前半に確認できたニュースの中で、25件のニュースについてまとめております。

皆様の就職・転職活動にお役立ていただければ幸いです。

~(宣伝)私が出版している電子書籍等について紹介させていただきます~
<大学職員の採用試験対策を行うための書籍等>
・『大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等【平成28年1月版】』
・『大学職員面接回答事例集59』
・『大学職員の採用試験を受ける前に知っておきたい大学のデータ42』

<ココナラでの相談受付>
「ココナラ」というサイトにおいて、「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスをします」というサービスを出品しています。志望動機や面接での回答予定内容について、大学職員の面接官として、どのように感じるかなどについてお伝えするサービスです。

 以上については、以下のサイトから詳細を確認できますのでぜひご確認ください。
https://hspindex.com/2018/09/16/1618/

目次

第1章 学生支援に関するニュース
 1 キャリア・就職支援【2件】

第2章 入試・広報に関するニュース
 1 新たな入試制度の導入【2件】
 2 魅力的な広報の取組【1件】

第3章 社会貢献に関するニュース
 1 小・中学生向けイベントの実施【1件】
 2 地域活性化・地域貢献【4件】

第4章 グローバル化(国際化)に関するニュース
 1 海外大学等との交流の促進【1件】
 2 日本人学生の語学力を高める取組【3件】
 3 外国人留学生の支援【3件】

第5章 事件・事故・不祥事に関するニュース
 1 教員の事件・事故・不祥事【1件】

第6章 その他のニュース
 1 文部科学省等の動向【2件】
 2 新設大学・新学部等の設置【1件】
 3 寄附金等の大学の収入を増やす取組【1件】
 4 大学ランキング・統計調査等【3件】


第1章 学生支援に関するニュース

1 キャリア・就職支援
(1)就活応援イベント「2019就活祭」の開催

<実施大学>
京都産業大学

<取組の概要>
京都産業大学では、就職先が決定した4年生が、「学生就職アドバイザー」として活動しており、学生就職アドバイザー企画・運営する就活応援イベント「2019就活祭」を開催しました。

このイベントでは、勢57人の学生就職アドバイザーが、就職活動を行っている3年生に向けて、模擬面接・模擬グループディスカッションを行い、就職試験に対するアドバイスや就職活動の進め方などを伝授しました。

また、在学時に学生就職アドバイザーを経験し、現在は全国の企業で働く「卒業生アドバイザー」 約90人が、仕事内容や、やりがい、苦労などの本音を語る「OB・OG訪問会」を行いました。

<取組に対するコメント>
就職活動を終えた4年生や卒業生を活用した就職支援イベントは多くの大学で実施されるようになってきています。

私自身は、構成員同士が支え合えるということは、大学の1つの特色だと思っています。

もちろん、教職員が学生に頼り過ぎるのはよくないですが、学生や卒業生が楽しめたり、意義を感じていただけるように、教職員がしっかりと調整することができれば、問題なく実施できると思います。

就職支援やキャリア支援をやりたいと思う方も多いと思いますので、各大学の取組を参考にしながら、自分なりのアイデアを作れるとよいと思います。

(2)学生と企業がランチをしながら交流する「モグジョブ」の開催
<実施大学>
近畿大学

<取組の概要>
近畿大学生産理工学部では、企業説明会等が開始される3月に向け、学生と企業がランチをしながら交流を行うイベント「モグジョブ」を開催しました。

このイベントは、92の企業・団体が参加し、学生は様々な企業の取り組みや仕事内容について学び、就職への意識を高める業界研究会と同時開催するもので、学生は企業の採用担当者とランチを食べながら、ざっくばらんに仕事について話を聞くことで、企業の特徴や雰囲気を知る機会になるとしています。

<取組に対するコメント>
 最近は売り手市場でもあることもあり、企業側も学生に対して自社のアピールする機会を必要としています。

 通常であれば、企業説明会のような形が多いのですが、このイベントでは食事をしながら情報交換を行う形にしており、学生・企業双方にとって敷居の低いものとしています。

 ちょっとした工夫を行うことで、学生や企業側の満足度を高めることができるので、他大学においても参考になる事例だと思います。

第2章 入試・広報に関するニュース


1 新たな入試制度の導入
(1)高大接続入試の導入

<実施大学>
中央大学

この続きをみるには

この続き:14,986文字

大学職員の採用試験を受ける前に確認しておきたい大学関連ニュース(2019年2月前半版)

山田 隆司

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

山田 隆司

大学職員の経験が10年以上になり、大学職員採用試験の面接官も担当しています。 これまでに、教務、入試、企画、人事、会計、庶務など幅広い部署で働いてきました。 業務と並行して、大学職員に就職・転職するための情報を発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。