プロフィール(橋本大吾@りぷらす代表)

「家族」が「幸せ」であれば、「個人」も「社会」も、もう少し「豊か」になる。
そのためには、価値観の共有が不可欠。
価値観は、これまでの経験をもとに形成される。
つまり、時間の経過とともに当たり前のように、変化していく。
だからこそ、価値観の変化を定期的に共有する機会が大事です。
それが出来れば、よりお互いを尊重し、人生のパートナーとしてより良く生きる事に繋がります。
それが、きっと家族が社会から孤立化することと、個人が家族から孤独化することを防ぐことになるのではないかという、思いに至ります。

見えない根深い問題は、「個人が家族から孤独化する事」だと思います。
それは、ライフイベントもあれば、余暇時間、仕事、育児など、様々な要因があると思います。
また、分かってくれて当たり前という、相手のことを理解しようという意思の欠如もあるかもしれません。

結婚してから、お互い仕事をしながら、親の介護が終わるまで、様々なライフイベントがあり、それらに適応した家族のパートナーシップの適応が、最近の関心事であり、そのようなプログラムを立ち上げたいと思っています。。(2019.1.24)

そのようなことを考え、「個人」や「家族」の「価値観」を重視して、各事業を行なっています。

経歴

1980年 茨城県鹿嶋市生まれ
1999年 東京スポーツレクリエーション専門学校入学
2001年 医療法人社団景翠会金沢病院リハビリテーション科助手入職
2004年 八千代リハビリテーション専門学校 理学療法学科入学
2007年 理学療法士免許取得
     埼玉県の医療法人に就職
2011年 東日本大震災の復興支援活動を開始、有志でface to face 東日本大震災リハネットワークを設立。
    宮城県石巻市に移住し、仮設住宅や在宅被災者の支援活動を開始
    NPO法人ETIC.右腕派遣プログラム参画
2013年 一般社団法人りぷらす設立 代表理事
     石巻市河北地区でデイサービスを開設
2014年 デイサービスに、基準該当サービスを併設、
     日中一時支援事業の開設
     コミュニティーヘルス事業開始(旧地域健康サポーター事業)
2015年 登米市にてデイサービスの開設 
2016年 仕事と介護の両立支援事業開始
2017年 訪問健康見守りサービス開始


法人のブログはこちらです。

https://replus.hatenablog.jp


過去の紹介記事など

いつの間にかに経営者になりましたが、ごく普通の凡人です。
凡人にも出来る事は、きっと広く社会に応用できるのではないかと思っています。




Twitterはこちら

最近は、ツイッターの方の発信が多いです。
よかったら、フォローしてください。

では、よろしくお願いします。


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♪
13

フォトギャラリーフカサワヤ

みんなの画像に登録した写真を使っていただいたnoteを集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。