見出し画像

就活生の間で流行する「三大疾病」について

どうも。なかもとです。
今回は面白い記事を見つけたので、
その記事について思った事を書いていきます

『@人事 : 就活生の間で流行する「三大疾病」が、企業の採用活動を妨げていた』
https://at-jinji.jp/blog/29127/

本当に面白い記事でしたので、
詳しくはこちらをお読みください!

…………

「三大疾病」について

ここ数年、学生の傾向が大きく変わっており
その変化は、学生にとっても企業にとっても
何もメリットを生まないものなのに、
採用活動や就職活動の周辺では、
それほど注目されていないように見えます。

簡単に言うと企業側が学生についての理解を
深めにくくなっているので、
企業も学生もこの「三大疾病」について
考える必要がありますね。

…………

1.就職病

まとめると
・就活になると架空の自分を作り上げている
・マジメを演じる
・積極性を意識しすぎて空回り
・エピソードを盛る
・就活メイク、個性を殺した髪型の指定や
服装の指定

【僕の考え】
これに関しては、学生がどうこうと言うより
多くの企業の選考方法だったり、
就活をビジネスとしている人達(就活塾や
マナー講座など)の影響が大きいですよね。

僕はリクルートスーツも、就活メイクも
一般的な履歴書も、話を盛らないと
いけないような面接も、全て無くそうと
本気で思っています。
なんで就活って攻略するものみたいに
なってるのかなぁってただただ疑問です。笑

まあ逆に言えば、中小企業からすれば
今がチャンスかなぁと思います。
選考での無駄をなくしオリジナリティのある
選考をすれば、それだけで注目度は
上げられるのかなと思います。

…………

2.失敗過敏症

まとめると
・失敗が怖い
・人と違う事をしたくない
・言われたとおりに求められた事だけ

【僕の考え】
就活生がと言うより国民規模の話
かなって思います。笑

誰だって失敗は怖いです。僕だって怖い。
でも超ド級の失敗じゃない限り、その失敗で
命を落とす事はないし、人権を失うわけでも
ない。

そして何より、その失敗を次に活かす
事が出来れば、それは失敗ではなくなり、
成功への過程と変化します。
だから成功するために、失敗は
恐れてはいけないと僕は常に思っています。

人と違う道を行くのは、最初は怖いです。
けど、やり続けたら慣れます。

…………

3.MNAS

まとめると
・もらい(M)慣れ(N)与え(A)
知らず(S)の略
・福利厚生や条件に目がいく
・自分のメリットしか考えない

【僕の考え】
この症状に陥る学生は非常に多いですね。
大手=安定
という浅はかな考えを持っているでしょうが
その考えは捨ててください。

僕の学生時代も、周りには
福利厚生や条件、大手というだけで
就職先を決める人が本当に多かったです。

中には、
「やりたい仕事はこっち(ベンチャー)
だけど将来を考えてこっち(大手)にした」
という人もいました。
大手は定年まで働けると本気で
信じ切っているんでしょう。

『日経ビジネス 「終身雇用難しい」トヨタ社長発言でパンドラの箱開くか』
(https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/051400346/)

これ以上は語りませんが、固定概念は捨てて
情報を常に取り続けてください。

余談ですが、この症状によって
福利厚生や、ネームバリューで就職先を
決めた人のSNSを見ると、
会社や上司の愚痴が非常に多く、休みの為に
仕事しているパターンが多いですね。
(僕の周りに限った話かもしれませんが)

…………

以上、今回は
就活生の間で流行する「三大疾病」について
思ったことを記事にしました!次回は
会社を辞めたい新社会人へ向けて
記事を書いていきます!

この記事が少しでも良いと思えたら、
スキを押していただけると助かります!
スキ&フォローで必ずフォローバックします
Twitterもやっていますので、
ご意見、お問い合わせ等ございましたら
@na_ka_mo_
または
masaya271704@gmail.com
までよろしくお願いします!
#HR業界 #人事 #就活 #採用 #中小企業 #新卒採用 #就活生 #学生 #大学生 #勉強 #面接 #履歴書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

なかもとまさや@na_ka_mo_

採用支援・就活支援・キャリア相談・キャリアメンターを生業にしてます。Twitterフォローしてくれたらめっちゃ嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。