どの企業も採用したい「自走力のある人」になれ!

どうも。なかもとです。
今回は就活生には必ず身につけてほしい
自走力について書いていきます。

…………

1.自走力とは

『最近採用の現場でもっとも
ホットなキーワードが「自走力のある人」
です。実際、私がセミナーなどで、
企業の採用担当者にこの言葉を伝えると
「そうそう!欲しいのは、そんな人だよ」
とほとんどの方に共感されます。』
(細井智彦著 「使える人材」を見抜く
採用面接 から抜粋)

冒頭から本の一部を紹介しましたが、
私自身、企業の採用担当者と話していると
自走力のある人を必要とする企業が
ほとんどです。

では、その自走力とは何なのかを説明すると
・自分で考え、自ら課題を見つけられる
・自ら行動を起こすことができる

つまりPDCAサイクルを繰り返せる力や
課題解決のために自ら走り出せる力のことを
自走力と言います。

…………

2.自走力の鍛え方

「なんだよ!そんなの誰だって必要って
わかっているよ!」

と思われた方がいるかもしれませんが、
数年後社会に出て、自走力のない人と
共に仕事をする人もいれば、自らの
自走力の低さを嘆く人もいるかと思います。

自走力は、日常的に鍛えられている人と
鍛えてない人の差が露骨に現れます。

ですので、日常的に自走力を伸ばせるよう
2点意識してほしい事があります。

1つはPDCAサイクルのPの部分です。
計画を立てるには、その理由ときっかけが
必要です。
プランニング等については僕なんかよりも
学校で学ぶべきと思いますので置いといて、
いかにきっかけを生み出せるかが
非常にポイントです。

日常からアンテナを張って、
疑問を持ち続けることが、視野を拡大し、
多くのきっかけを生み出すでしょう。
(詳しくは下の記事の3.を
参考にしてください)

https://note.mu/daigoroh04/n/nef0770b4b090

2つめは「考える体力」を付けてください。
と言うのも、考える行為は、それなりに
エネルギーと時間を消費します。
考える意欲が低い人というのは、
何においてもあまり深く考えず、
逆に意欲の高い人は「そんな事を深く
考えてどうする」と思える事も延々と
考えられ、考える事が好きでしょう。

社会に出ると考える事だらけです。
考える習慣を付けておかないと、
どう行動に起こすか、問題解決するために
何をしないといけないかなどを考える時に
頭の回転が鈍る人が戦力となるかどうかは
言うまでもないでしょう。

…………

今回は就活生に必要な自走力について
記事にしました。
次回は会社という組織に属したら必要となる
リーダーシップについて記事にします!

この記事が少しでも良いと思えたら、
スキを押していただけると助かります!
スキ&フォローで必ずフォローバックします
Twitterもやっていますので、
ご意見、お問い合わせ等ございましたら
Twitter:@na_ka_mo_
https://mobile.twitter.com/na_ka_mo_
または
masaya271704@gmail.com
までよろしくお願いします!
#HR業界 #人事 #就活 #採用 #中小企業 #新卒採用 #中途採用 #採用担当 #学生 #勉強 #面接 #履歴書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

なかもとまさや@na_ka_mo_

就活の古い文化をぶっ壊します。Twitter:@na_ka_mo_ Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100039766424286 ご連絡は masaya271704@gmail.comまで

学生向け

採用コンサルとしての視点で、学生に向けて色々記事にしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。