見出し画像

【2019春-33】美味しいトマトができるまで!トマト農家「石原農園」栽培・収穫ツアー


~農家のこだわり栽培講座、トマト食べ比べ、トマト脇芽持ち帰り~
開催日:2019年4月6日(土)
開催地:愛知県愛西市
ガイド:石原雅大さん / 株式会社石原農園 代表取締役
http://dai-nagoyatours.jp/past/4693.html


こんにちは。
大ナゴヤツアーズです。
今回のツアーは、愛西市でトマトを専門に作る農家、石原農園さんにおじゃましました。
その時の様子をちょっとだけお伝えします。

石原農園さんは大玉トマトを中心に、ミニトマト、カラフルトマト約10種類を作っています。


「まだまだ勉強中です」

そう仰るのはガイドの石原さん。
はじめは大玉トマトのみを栽培し全量を市場出荷されていましたが、就農3年目からミニトマトの栽培を開始。その後、産直ブームをきっかけにスーパーマーケットの地場野菜コーナーへの出荷を始めました。今ではマルシェに呼ばれることも増え、イベントでの販売もされています。

試行錯誤を繰り返しながら、「科学するトマト栽培」を続けていらっしゃいます。
ハウス内には栽培管理をする機械があちこちに。石原さんと共に温室をじっくりと見学しました。


先進的な農業をお勉強!

温度管理の仕組み、温室の屋根を開閉させる理由、また海外の事例などもお話いただきました。虫や病気などからどのようにトマトを守っているか、石原さんの思いを伺います。
ツアー用に特別なテキストもご用意くださったため、参加者の皆さんは「トマトの授業」を受けているようでした!


トマトが空を飛ぶ!

石原農園さんでは「アイコ」という品種を、背より高い位置で栽培されています。その名も「空飛ぶアイコ」

珍しい頭上のトマト収穫!
採った瞬間に茎から香るトマト特有のいい香りがなんだか懐かしく、鼻をつけて匂いを嗅ぐ人もいれば、収穫しながら食べている人もチラホラ。
あっという間に箱はトマトでいっぱいになりました。

おいしいトマトはとまらない

試食の時間には気になっていたトマトを食べ比べ!繊細な酸味や甘みの違いがよくわかります。木桶いっぱいにご用意くださったトマトも空になるほど!収穫中も食べ、家でもまた食べます!と皆さん満面の笑み。


空飛ぶアイコの下で集合写真!

「おいしい」は「安心、安全」からつくられる。美味しいトマトが作られる裏側をのぞいて、ますますトマトが好きになるツアーでした!

―――――――――――――――――――――
これから開催予定のツアーは、こちらから!
http://dai-nagoyatours.jp/
―――――――――――――――――――――

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

大ナゴヤツアーズ

東海エリアのまちの魅力を「体験」「学び」「見学」「まち歩き」などを通して楽しめる体験プログラムツアーです。 こちらのnoteでは様々なツアーの面白い体験の様子を“のぞき見”するようなレポートを中心に発信していきます。開催予定のツアーHP ⇒ dai-nagoyatours.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。