見出し画像

【2019春-31】民藝・柳宗悦が愛した「瀬戸本業窯」で瀬戸焼作陶体験ツアー

~窯垣の小径散策から抹茶茶碗の作陶体験、民藝陶器でのランチまで~
開催日:2019年5月12日(日)
開催地:愛知県瀬戸市
ガイド:水野雄介さん / 瀬戸本業窯・八代目水野半次郎 後継
URL:http://dai-nagoyatours.jp/past/4710.html


こんにちは。
大ナゴヤツアーズです。
今回のツアーは、民藝運動で有名なバーナード・リーチも愛した瀬戸本業窯におじゃましました。
その時の様子をちょっとだけお伝えします。

小径の散歩

ツアーは風情の残る小径の散歩からスタート。土留めに使われているのはなんと焼き物。専門の職人さんではなく、親方に言われて子どもたちがつくったのものなんだとか。焼き物にはいろいろな家紋が入っていて、その理由は一度焼くのに大変なコストがかかるため、いろんな窯元がいっぺんに焼いていたからなんだそうです。

画像1

画像2

途中で立ち寄った資料館では、先代の水野さんが偶然いらっしゃり瀬戸の焼き物産業の成り立ちや世界に与えた影響など詳しくお話いただきました。資料館の中は当時使用していたお風呂やトイレなどもあり、今見ても可愛らしいデザインについついシャッターを切ってしまいます。

画像3

画像4

画像5

登り窯

散歩を終えると、ちょうど登り窯の横に出てくるので、そのまま登り窯の中へ。もともと登り窯は部屋が分かれておらず、穴窯だったが、失敗したときのリスクを分散させるために、いまのような形になったのだとか。ちなみに窯の中のつるつるした場所は薪がたくさん投げ込まれた部分なんだそうですよ。

画像6

画像7

画像8

休憩タイム

ここでちょっと休憩タイム。
水野さんがお茶を点て、先代から伝わる抹茶椀で一服ずつ、おもてなししてくださりました。この日は30度を超える気温でしたが、日本家屋の中はとても涼しく、そんな中でいただくお抹茶は心身をとてもリラックスさせてくれました。

画像9

画像10

いざ作陶体験

本業窯では釉薬を半年ほどかけてつくった自然釉を使用しており、現在も自然釉を使用しているところはごくわずかの窯だけなんだとか。

画像11

工房内には乾燥中のものがたくさん。

画像12

いよいよ抹茶茶碗づくり。
職人さんに一対一でサポートしてもらいながら、ろくろを使って形をつくっていきます。ちょっと油断すると形が歪んでしまったり、大きくなりすぎたり、なんとも難しい!「こんなかんじに修正してください」とお願いして完成!

画像13

画像14

画像15

焼き物ランチ

最後は登り窯横にある「窯横カフェ」でランチ。いままで体験してきた瀬戸本業窯の民藝陶器で食べるお昼ごはんは格別!

画像16

「せともの」という言葉は知っていても本物の瀬戸焼を知らないことは多い昨今ですが、実際にその場を訪れ、目で見て、耳で聞き、肌で感じ、実際につくり、使用することで言葉だけだったことが、自分事になった気がしました。焼きあがって届くのが待ち遠しいですね。

―――――――――――――――――――――
これから開催予定のツアーは、こちらから!
http://dai-nagoyatours.jp/

秋の「本業窯ツアー」はこちら!
https://dai-nagoyatours.jp/article/6539.html
―――――――――――――――――――――

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

大ナゴヤツアーズ

東海エリアのまちの魅力を「体験」「学び」「見学」「まち歩き」などを通して楽しめる体験プログラムツアーです。 こちらのnoteでは様々なツアーの面白い体験の様子を“のぞき見”するようなレポートを中心に発信していきます。開催予定のツアーHP ⇒ dai-nagoyatours.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。