言葉の環境を整える

こんにちは。

コーチの松浦大輔です。

一昨晩

小学生に対して

ラグビーのオンラインコーチングを

行いました。


最初に見たビデオと

一番最近見たビデオを

見比べるとまるで別人です。


オンラインコーチングなので、

スキルの直接指導などはできません。


それらは、

保護者様に任せています。


それでも、

どんどん成長していく理由は

実は言葉にあります。


まずは、

小学生にコーチング?

って必要なの?

って疑問かもしれません。


私は特に小学生が必要だと思っています。

なぜなら、

小学生の時が

一番簡単に変われる時だからです。


小学生は小学生にあった、

コーチングを受けるべきだと思っています。


特に日本の場合は、

試合中に

親がテレビゲームをしているかのように

子どもに

「あ〜だ」

「こ〜だ」と

指示したりしている姿を見ます。

そして、

試合後にも

子どもにガミガミと・・・


人間は、

良くも悪くも言葉の社会に生きています。


なので、

この言葉によって

子どもは

「自分はもっと高みを目指せる存在なんだ」

と思ったり

「自分はどうせセンスがないから何やってもダメなんだ」

と思ってしまいます。

そして、さらに恐ろしいのが、

才能は

親の遺伝が大きく影響すると思っている

保護者たちです・・・・

関係がないとは一概には言えませんが、

一番ダメなことは

保護者が子どもに対して、

「親の俺も頭が悪いから子どものお前も仕方がない」

と言ってしまうことです。

それによって、

子どもは自分で限界を決め、

勉強に興味すら持たなくなります。

興味を持てなければ、

勉強するはずもありません。


小学生頃までは、

親の言葉の影響をストレートに受けます。

なので、

この時の言葉が大きく影響し、

子どもの人格が形成されていくのです・・・


なので、

小学生の間に

成長に必要なマインドセットを作ること

つまり、

成長に必要な言葉で、

小学生を囲うことが

とても重要だと思っています。


成長に必要なマインドセットができていれば、

スキルなんて後から

どんどん成長していきます。


なので、

小学生を対象にする場合は、

保護者の方にも

一緒に聞いてもらってます。


小学生に対する

オンラインコーチングは

以上のような考えを元に

試合のレビューや

練習メニューの提案

ゴール設定などを行なっています。


実際のオンラインコーチングの内容

テレビ電話によるオンラインコーチンング×4

テキストによる動作分析、試合分析(1ヶ月間何度でも)

そして、

気になる費用は

本来1ヶ月、約4万円のところ

7月中に応募していただいた方のみ、

半額の19,800円で行なっています。

もう一度言いますが、

小学生までが

人格形成にとても重要です。

ここを見逃すと、

変化に痛みを伴うようになってきます。

つまり、

変化することが難しくなります。


興味のある方は以下から

本来1ヶ月、約4万円のところ

7月中に応募していただいた方のみ、

半額の19,800円で行なっています。


半額で受けられるチャンスは、

もう2度とありません。


興味のある方は以下まで、

daisuke.matsuura999@gmail.com





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Daisuke Matsuura

ラグビーコーチ/ハイパフォーマンスコーチ。半分ニュージーランド、半分日本でラグビーコーチをするという生活を行なっています。健康学修士を卒業し、現在はニュージーランドでラグビーコーチ/選手/通訳として活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。