Daicy の独り言16

「三本柱」
Good people become Good Allblacks
ニュージーランドでは、いい人間であることを求められます。

そして今日は話するのは、それの一部についてです。

椅子は3本の足がなければこけます。

人間にも同じような足があると考えます。

例えば、ニュージーランドのラグビー選手だと「仕事や資格や勉強」「ラグビー」「趣味、恋人、家族」この3つを平等にとることによって、パフォーマンスも上がるし、Good people に近づけると考えられています。

この3本柱は、僕の人生において、とても重要になってくると思っています。

今の僕にとっては「勉強と仕事」「ラグビー」「ギター」となるわけです。実はギターが楽しくて仕方なくてありません。

ラグビーのコーチとしてプロになり、家族ができて・・・・となるとこの3つはどんどん変わってくると思いますが・・・・

それぞれを大切にするという覚悟を持てば、自分で計画も立てられるようになるし、時間軸が良くなってる気がします。

実は、僕の研究テーマでもありますが、dual management とよばれるものがあります。

それは、例えば、on the ball とoff the ball・on the field と off the field • リーダーとサポーター•コーチの発言と選手の発言、あげればいくらでもありますが、これら二つが両方が高い水準であることでパフォーマンスが高まると言う考え方です。


何事も偏りは、偏った結果を生みます。

ハリケーンズのアカデミーの選手は朝5時からトレーニングして、仕事にいき再びトレーニングをします。実は日本人よりも厳しい環境でやってます。
ワークとライフのバランスを考えて!!"


















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Daisuke Matsuura

ラグビーコーチ/ハイパフォーマンスコーチ。半分ニュージーランド、半分日本でラグビーコーチをするという生活を行なっています。健康学修士を卒業し、現在はニュージーランドでラグビーコーチ/選手/通訳として活動しています。

Daicyの独り言

僕の日々の独り言について書きました。興味のある方は読んでください。あくまでも独り言です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。