田中大介

色々書いてます

日本語レベルの測り方

先日コンビニで外国人の店員の方が慣れない日本語で少し手間取りながら接客しているのを見て、
 
「ここは日本なんだから日本語がちゃんと喋れるやつを用意しとけよ。」
 
と、小言を言っているおじさんを見てすごく嫌な気分になりました。
 
例えば僕が、
 
「外国のコンビニで働け」
 
と言われたとしても全く上手くできる自信はないですし、
 
「慣れない外国語で接客をする」
 
ということは絶対にすごく

もっとみる

泣き虫

娘がもう少し大きくなった時に運動会で、一緒に走るお友達に負けないように必死でかけっこを頑張っている姿を見せられたら僕はきっと泣いてしまうに違いない。
 
そして、そのかけっこの最中に娘が転んでしまって、お友達から置いて行かれてしまって、ただそれでも諦めずにしっかり立ち上がって最後まで走りきりでもしたら、さらに泣いてしてしまうに違いない。
 
そしてその後娘が僕の所に、
 
「パパ、わたし転んじゃっ

もっとみる

アイコンタクト

【注意】下ネタです。
 
 
先日広島出張に行っていたのですが、帰りの飛行機が離陸に向けてスピードを上げてまさに飛び立とうとするタイミングで突然、
 
「ゲリラ豪雨」
 
ならぬ、
 
「ゲリラ便意」
 
に襲われたんですね。
まあ、平たく言うと、
 
「猛烈にウンコがしたく」
 
なってしまったんです。
今までの人生の中で幾度となく己の便意と戦い、ときに勝ち、そしてときに敗れてきた僕の経験から判

もっとみる

いつもと違うペースで

いつも足早に通る道があるのなら、その道をゆっくり歩いてみる。
 
もしかしたら、今まで見落としていた道端の小さな花を見つけることができるかもしれない。
 
いつもゆっくり歩いている道があるのなら、逆にその道を思い切り駆け抜けてみる。
 
きっと、いつもと違う風を感じることができるはず。
 
喧嘩の絶えない夫婦が、別居した途端にお互いの大切さを再認識するかもしれないし、
 
恋い焦がれた遠距離恋愛の

もっとみる

裏切らないもの

この写真はアメリカの刑務所の様子ではなく、大学4年の時、アメフト部に所属していて体重が105kgあった頃の僕の写真です。
(左のどちらかというとかわいい方が僕ですね。右の怖い人は本当にアメリカの囚人なのかもしれません。)
 
これはポジションにもよるのですが、特に僕がやっていたラインという最前線でぶつかるポジションは、一にもニにも体重を増やして相手に当たり負けない身体を作る必要がありました。
 

もっとみる

「あ゛」の読み方

「あ」に濁点をつけると、
 
「あ゛」
 
になるじゃないですか?
漫画のセリフなんかではたまにこの表記が使われることがあると思うのですが、いやいや、
 
「あ゛」
 
って、どう発音するんだよ?
今までずっとそんな風に思ってきました。
ただ、実は昨日人生で初めてその、
 
「あ゛」
 
を耳にする機会がありまして、そのことについてお話をさせていただきたいんです。
 

我が家のすぐ近くには日赤病

もっとみる