お願いがあります

最近、会社とかで僕がちょっと面白い感じのことをいって笑いがとれた場合、
 
「あれ、もしかして、今の話今日のブログに書いちゃいます?」
 
みたいな空気感を周りから醸し出されることが増えました。
また、何かちょっとおもしろい感じのハプニングが起きたときに、
 
「これ、今日のブログに書けちゃいますね。良かったですね。」
 
みたいなことを言われる機会も同じく増えています。
  
「いや…」
  
「僕そんなに必死にネタを探してるように見えます?!」
  
「大丈夫だから」
 
「こっちは大丈夫」
  
「心配すんなって」
  
「ネタなら、あるから」
 
「誰にも見せないけど、ネタ帳の中には2万個くらいネタ入ってるから」
  
「いやほんと、余計なお世話だから」
 
「というか、『今日これ書きます?』ってきかれたら、むしろ恥ずかしくて書けなくなっちゃうんだよ?」

「あいつ、ちょっと昼間笑いがとれたからって、調子乗って早速その話ブログに書いてるじゃん」

「って思うんでしょ?どうせ」
 
「知ってるから」
 
「知ってるもんね」

「お前らの考えてることなんか全部お見通しだから」
    
「というかさ、僕の話が面白いと感じたなら、素直に笑って」
  
「いや、むしろ笑えよ」
  
「な?」
  
「マジで」
 
「おねがい」
 
「おねがいだから笑って」
 
「ねぇ、笑って?」
  
以上、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

田中大介

田中大介のノート

田中が考えていることや感じたこと、起こったことなどをランダムに発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。