エレベーター、一回下がれない問題

どちらかというと僕は、自分の事を、
 
「合理主義者」
 
だと思っています。
 
「理論上、絶対こっちのほうがいい」
 
ということが自明なのに、何かしらのしがらみや、変な感情論、もしくはただ、
 
「今までこうだったからなんとなく」
 
といった理由で、
 
「論理的に正しいことが行われない、もしくは出来ない」
 
ということに出くわすと、つい、
 
「なんとかそれを是正出来ないものか」
 
と考えてしまいます。
 
仕事として今取り組んでいることや、今までやってきたことも基本的にはその流れに合致していて、僕の中には、
 
「世の中にあるナンセンスな物や事を少しでも減らしたい」
 
という「ある種の使命感」の様なものがあるんだと思います。
ただ、そんな僕にも、
 
「明らかにそうした方がいい、とわかっていながら、人目を気にしてなかなか出来ていない」
 
ということがひとつあります。
 
デパートや、オフィスビルなどでエレベーターを待っているとしましょう。そして例えば、自分は1階にいて、8階まで上がりたい、としますよね?
そういうとき普通はエレベーターの「上がるボタン」を押してエレベーターが下りて来るのを待つと思うのですが、
 
「よし1階に下りてきたぞ」
 
と思っていざ乗り込もうと思ったら、
 
「エレベーターの進行方向を示す矢印が下向きになったまま」
 
つまり、
 
「そのまま地下に下がっていってしまう」
 
ということってよくあると思うんです。
この時に、
 
「なるべく早く、かつ確実に自分の目的の階に上がるために」
 
どうすべきかというと、理論上は、
 
「そのエレベーターに乗って一度下に降りてから切り返して上がってくるべき」
 
だと思うんですね。
というのも、もし1階でずっと待っていたとして、地下から沢山の人が乗ってきてしまった場合、そのエレベーターに乗れなくなってしまうリスクがあるわけじゃないですか?
 
しかも1階で待っている限り、地下からどれくらい人が乗ってくるか、ということもブラックボックスなわけですし、何より結局エレベーターが切り返して来るのを待つ必要があるので、待ち時間は一回下に降りようが、その場でずっと待っていようが、全く変らないんですよ。
 
つまり、
 
「どう考えても一回下がった方がいい」
 
んですよね。
で、僕自身このことはもちろん頭では理解しています。ただ、これが実践できないんですよ。
というのも、一回下がってからまた上がってくる間に、
 
1階で待っている他の人からは、
 
「あれ?この人さっき上を押して待ってたのに下行きに乗り込んでない?全然周り見えてませんけど。ダサいわ〜。」
 
下に降りたときにそこで待っている人からは、
 
「あれ?着きましたけど降りないんですか?え?そのまま上に行く?ああ、さてはこの人間違えて下まで降りて来ちゃったってことね。ダサいわ〜。」
 
そして下から切り替えしてきて、また1階で扉が開いたときに、
 
「あっ、さっきここで待ってたあの人、下から切り替えしてきてる。やっぱりさっき間違えて下行きに乗っちゃったってことね。ダサいわ〜。」
 
と、3回も立て続けに、
 
「ダサいわ〜。」
 
と思われてしまうということに、僕の心が耐えられないんですよね。
だから、
 
「理論上絶対に一回下がった方がいいと確信しながらも、泣く泣くその場で待ち続けている」
 
んですよ。僕。
僕が最も嫌いな「ナンセンスな状況」を、あろうことか僕自身が体現してしまっているんですが、こればかりは本当にどうすることも出来ないんです。
 
さて、ところで、この投稿をここまで読んだ方の中には、
 
「てかさ、お前のことなんて誰も気にしてないから。」
 
「お前自意識過剰でキモいんだよ。」
 
「お前みたいなキモいやつはよ、偉そうにエレベーターなんか乗らずに、とっとと階段で上まで上がってこい。」
 
「この豚野郎が。」
 
といったことを思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
僕は、その意見、
 
「完全に理論上正しい」
 
と思いますので、これからは偉そうにエレベーターなんか乗らずに階段を使わせていただければと思っております。
 
ホント、今回は僕みたいな豚野郎が出しゃばった真似をしてしまい誠に申し訳ありませんでした。
 
今後ともよろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

田中大介

色々書いてます

田中大介のノート

田中が考えていることや感じたこと、起こったことなどをランダムに発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。