(特に)好きな曲

 音楽を何でも聴いていろいろなものをいいと思ってそれらについて話もできる人のことをすごいと思う。自分はそうではない。自分は以前学生の頃は神保町や小石川に行ってCDを週に5~10枚借りてきて一通り聴いてみて、好きな曲を見つけるとそれを繰返し聴き、そのアルバムをMDに録音して手元に残していた。とにかく数を多く聴きたかったからたが、好きになって後々も聴くものは全体の5分の1以下というところだったし、手元に残したアルバムのなかでも聴くのは2、3曲ということが多かった。そうやって絞る聴き方をずっとしていたため、今も初めて聴くものを聴くときにこれはずっと繰返し聴けそうかどうか伺いながら聴いてしまう。繰返しきくまではいかないな、と思ったアルバムのことはほとんど忘れてしまう。聴いたときに受けた感触のようなものは何となく覚えていても、そのアルバムについての話までは到底できる自信がない。こういう聴き方をしていることは自分にとってはとても自然なことだが、こういう自分は音楽が本当には好きでもないのかもしれないという気もする。

 誰々の何々という曲がよかったね、という話を自分から持ちかけることがものすごく苦手なのでわたしは音楽の話をろくにしない人だとたぶん思われていると思うが今はSpotify を主に利用していて繰返し聴く好きな曲もどうにか見つけているしその一部は盤や音源を買っているしこれらの曲については人と話もしてみたいと思う。ここ1年くらいの間にわたしがそう思っていた曲かつだいたいこの2年くらいにリリースされたものを書き留めておこうと思う。これを読んでくださった方はこれらの曲についての話を振っていただけるととてもうれしいです。どれについてもよかった、好きだ、ともう一言くらいしか言えないような気がしますが。


Heavy Weather Flamingo / bonobos

あなたがいるなら / cornelius

冬の夜空 / halos

HEAVN / Jamila Woods

時間がない / KIRINJI

don't give up / Lalah Hathaway

Sucka / Leisure Centre

Cure / Moonchild

街A / People In The Box

Waiting 4 U / Ruby Francis

Morse / TAMTAM

フォーチュン / 吉田ヨウヘイgroup

青い夏の日 / 空気公団

夏のよう / 羊文学


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

トオイダイスケ Daisuke TOI

音楽家。ここでは音源の有料配信、および長いテキストを発表します。 URL: https://daisuketoi.com/ Twitter: @daisuketoi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。