ピアノの音色の作り方

 ピアノの音色はどの程度コントロールできてイメージした通りのものが出せるものなのだろうか。

 イメージするピアノの音色には、少なくともリバーブ・高域の明るさ・アタック感といった要素がある。リバーブはピアノのある部屋の状況に左右されるのでコントロールすることは難しい。蓋を閉じるなどして減らすことはできるが増やすことはほぼ不可能だろう。高域の明るさは弦の新しさ・ハンマーの固さ・部屋の響きの特性・音量などに左右される。大きい音量で弾けば高域の音量も増すので明るく聴こえやすくはなるかもしれない。また蓋は開けたほうが高域を減少させないだろう。アタック感は下部雑音・ハンマーの固さ・スタッカートの多用などで目立つものだから、増やすには大きい音量で弾こうとするのが安易な手段だろう。アタック感を減らすには小さい音量で弾こうとする、弱音ペダルを浅く踏むといった方法がありそれは高域の明るさの減少を伴う。

 美しいきらびやかなしかし耳に痛くない音色というものを考えたとき、別の言葉でそれを言い替えるなら、※高域の明るさが充分にあり※中低域が大きすぎず※アタックが強すぎない※響きのよい音色といったことだろうか。だとすると、「蓋を開けて大きすぎない音量で弾く、また高音域を主に使い中低域の和声を濁らせない演奏」が求められるかもしれない。

 部屋や置場所条件によりどうしても音量が足りないもしくは高域の明るさが滲み出てこない場合は、音量を大きく弾くのではなくマイクで拾うのが最も適切だろう。ただし自分の側にスピーカーを置けないのであればスピーカーから出すのは高域のみとリバーブ成分のみに留めたほうがよい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。