見出し画像

厄介なファン

”まだ何も知らないくせにわかったように話すんじゃない”

”そんな中途半端な気持ちでファンというな”

スポーツに興味を持った入り口でこういうことを言われることがある。いやスポーツだけでなくても何か専門的な分野に関して、こう言われることは多い。

熱心であったり、よほどの思いが強い人でなければ、こういう事を言われ続けると次第に興味を失いそのスポーツに興味を持つことをやめてしまう。正確にはそのスポーツは少しは好きなんだけどこういう人と付き合うストレスを乗り越えるほどには好きじゃないという感じ。

厄介な古参のファンが新規ファンの拡大を阻む。新規ファンは常に謙虚で勉強していなければならない。好きという気持ちが常に問われていて、証明し続けなければならない。時間が経ち、知識がたまり、仲間に認められるまで修行時代が続く。そこまでしなくてもいいやと多くの人は思うので、ファンは増えていかない。

厄介な古参のファンはこれまでに時間と労力を費やしている。そうして耕した自分の畑を新規ファンがまるでタダ乗りするかのようにしているのが気に食わない。同じだけ苦しくなければ、またはあの時代を支えていないということで気に食わない。いずれにしても調子に乗っている感じが気に食わない。

ファンの数だけ評論家がいると思ってもいい。それぞれ好き勝手に評論している。ある選手を熱狂的に応援したり、批判的にだけど愛を持って競技を語ったり、組織運営に難癖つけたり。それはそれぞれの楽しみ方なのだけれど、その楽しみ方の一つによく知らない人批判がある。そしてそれがそっくりそのまま競技を広めることの弊害になっている。

ファンの思いは純粋であることが多い。だからこそ理屈ではなくなっていて、無償の行為だからこそ揺るぎない。厄介な古参のファンがいる。そして今日も少し興味を持った初心者の知識の浅さに難癖つけて、ファンの拡大を阻んでいる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

merci!
101
昔ハードルを飛んでいました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。