だりあんぬと閉ざされた集落【後編】

(表紙の画像はイメージです。)

だりあんぬと閉ざされた集落【前編】はこちら↓
https://note.mu/dalia/n/n907247e768ce


そんなこんなで後半です。ケータイの電波も届かない山奥の集落で仕事をすることになっただりあんぬと葬祭D。

「荷物はこの部屋に置いてください。この部屋は自由に使って頂いて結構です。」村長さんの家の一室をお借りすることになりました。「この後、今回葬儀をあげる家までご案内します。」

さすが閉ざされた集落。道中、村長さんと少しだけお話しましたが、住んでいるのはご老人ばかりで4・5世帯。皆様ご高齢なので、村長さんが外部から集落で手に入らない精製食品や日用品などを週に2回ほど買いに行っているそうです。他の方々は足腰も弱く、何より集落を出ることを嫌がっているんだそうで。

先ほどお借りしたお部屋のテレビはブラウン管のでっかいやつ。恐らく映らないのでオブジェになってるんだと思います。


前編にも書きましたが私の仕事はエンバーマー、ご遺体を修復したり殺菌消毒するお仕事です。どうしてエンバーマーという職業があまり知られていないかというと、特殊なケースでしか私の出番はないからです。

例えば、長い闘病生活で痩せてしまった身体や、肌の色を生前の元気な状態に戻したい。事故で身体に傷がある、体が切断されてしまっている……といった修復が必要な場合。

家族全員そろって葬儀をしたいけど、全員そろうまで2週間かかるので、それまでご遺体を綺麗に保ちたい。感染症で亡くなったご遺体を殺菌消毒して、素手で触れられる・袋にご遺体を入れなくても良い状態にしたい……といった殺菌消毒・保存が必要な場合などに、エンバーマーの技術が必要になります。

納棺師(おくりびと)さんとはまたちょっと違った、少し医療寄りのお仕事です。


そんなこんなで今回のご依頼主、つまりご遺族様にお会いし、どのように修復するのかなどの聞き取りを行います。

今回の葬儀の内容に関して、詳しい事は伏せさせて頂きますが、まだ若い50代の方の葬儀でした。ご遺族をはじめ村人さんが「早く出て行けばよかったのに」「こんな土地に居座るから」とおっしゃっていたのが印象的でした。

そして、ここでもまた不可思議な行動が。私や葬祭Dと話したご遺族……というより村人さん全員が、話が終わるとみんな胸の前で一度だけ手を払うんです。虫を追い払うときにやるあの仕草です。「シッシッ」みたいな感じの。村長さんはしてませんでした。

この辺りから私は自分が完全に「よそ者」、ちょっとかっこよく言うと「招かれざる者」なんだなと痛感しました。私たち外部の人間が「穢れ」を持ち込んでいるという意味なのか、それとも外部の人間自体が穢れなのかはよく分かりませんが、とにかく歓迎されてない空気プンプンでした。

そんなこんなであちこちで追い払われる虫の気分を味わいながら、仕事自体は滞りなく終わりました。

が!

なんと仕事が終わったころには夜も更け、辺りは街頭もない真っ暗闇。これであのけもの道や山道を通って帰るのはとてもじゃないけど無理でした。

結果!

なんと私たち、村長さんのお家に一晩泊めていただくことになりました。

ここまででもワリと恐ろしい目に遭遇してるので、もうこうなりゃ絶対ツイッターかブログに書いてやると心に決めました。


「お布団はそこの押入れに入ってます。部屋の物も、まぁ何もありませんがご自由にお使いください。あと、夜は絶対に外に出ないでくださいね。この辺りは熊なんかも出て物騒ですので。」と言い残して、村長さん退室。

いやこれ漫画とかなら、絶対熊とかじゃなくて幽霊とか出るアレやろ……と思いましたが、幸いお手洗いは部屋を出てすぐ隣にありましたし、何より疲れ果ててトイレなんてそっちのけで寝れそうだったのでそのまま寝ることに。お風呂も入りますかとお声がけ頂きましたが、もう怖くてあまりウロつきたくなかったのでお断りして、車にあった寝袋を使って寝ることにしました。

「あの人が二度と行きたくないって言ってた理由が分かったね。」「次は私も、絶対別の人に回すわ。」「無事に朝を迎えられるんやろか。」そんな話をちょろっと葬祭Dとして、さぁ寝るかと思い部屋が静かになったとき……


ドン……ドン……ドドン……。


えぇぇぇ……まさか村長さんの家を囲んで村人さん全員がまた足を踏み鳴らしてるの!?


ドン……ドン……ドドン……。


(ちゃうわ、これ太鼓の音や!)和太鼓のような音が聞こえました。村長さんの家で叩いている感じではなく、もう少し離れた場所から聞こえてきました。そしてそれと同時に


ア"ーーージィーーーーーーボーーーーーー……。


お経を読むような、歌うような低い声も聞こえてきました。声が響いているせいか、全てが濁音に聞こえました。男の人の低い声がほとんどでめちゃくちゃ怖かったです。


「どうする、逃げる!?」「いやいやいや無理でしょ!」「これ近付いてきたら多分私ら終わるで……。」「僕かなりの数の葬儀に立ち会ったけど、こんなお経聞いたことないって……。」

すでに2人ともパニクッて半笑いです。寝袋に入ったままうごうごしている姿はさぞかし滑稽だったと思いますが、それどころではありませんでした。


太鼓と歌声は夜通し続き(少なくとも最低5時間はエンドレスで続いていました。恐らく録音とかではないと思います)、私たちは結局一睡もできずに朝を迎えました。


次の日の朝、朝食を頂くことになり、私は思い切って村長さんに色々聞いてみることにしました。村長さんはなんとなく、この集落に染まっていないような気がしてたんです。ここからは会話形式でお楽しみください。

私「昨日の太鼓と人の声、あれは誰かが亡くなられた時にされる儀式のようなものですか?」
村長「怖かったでしょう。こんなことを言うのは心苦しいのですが、あれも外部から人が来られた時に行うものなんです。」
私「外部から来た人間はやっぱり穢れているという意識が村の方々にあるからんでしょうか?」
村長「そうですね、外部からの人が穢れているという訳ではなく、他の宗教を信仰している人が来ると、この土地の神様が怒るから、外部の人の持つニオイというか空気というか……そういったものを祓う意味があるようです。」


私「外部の人と話した後に手を払う仕草も、あれも独特のお祓いの仕草なんですか?」
村長「えぇそうです。あれは自分が外部の神様に染まらないために、自分自身を清める意味があるみたいですね。」


そして、以下は村長さんが私たち「外部の人間」に語ってくれた内容です。ここを一番書きたくて、村長さんに一連の流れの掲載許可を頂きました。


--------------------

よく大人は子供に『色んな事をして、色んな物を見て、色んなところへ行け』って言いますよね。昔からある『かわいい子には旅をさせよ』って言葉、まさにその通りだと私は思うんです。ここの集落の人間は別に悪い人じゃないんですが、代々昔から『私たちは外の人間にこんな酷い扱いを受けた。外の人間は今でも私たちの事を見下している。外の人間は敵だ。外の世界は危ない、ここだけが唯一安全だ。』って言われてきたんですよ。


その結果、ここの集落はいまだに外部からの情報をほとんどシャットアウトしています。私は集落と外部を行き来していますが、以前iPhoneを村人の前に出したら、次の日には壊されてましたよ。得体の知れないものを持ち込むな、外部に監視されていたらどうするんだってひどく怒られました。


外の世界には知識や技術だけでなく、人生を楽しく豊かにする娯楽がたくさん転がっているし、何より人との出会いがあります。それを『この集落は昔から身内だけで支え合って生きてきた。先祖が長年そうしてきたから、これからもそうすべきだ。』と意味のない意地と見栄を張ってきた結果、ここの集落の人たちの人生は全く豊かじゃない。


楽しそうにしてないんですよ。住人同士の会話と言ったら天気の話と外部の噂話や、人の悪口ばかり。あの人たちも意固地にならず、外の世界を見ていたらどれだけ人生が楽しかっただろうか。そう思うと気の毒で、私は半分ボランティア感覚で外部とここを行き来しているんです。


今回あなた方に来て頂いたのも「お金を払ってるんだから」と言われればそれまでですが、遠くからわざわざ一人の亡くなった人間のために来てくださったんです。そんな人が悪い人なわけないのに、穢れなんて持ち込むはずがないのに、それすら分からないんでしょうね。というより「昔からこうだったから」と考えないんですよ。人間、自分で考えなくなったら終わりです。でもこの集落には考えるだけの変化や刺激がないんですよね。


初対面の私が言うのもなんですが、あなた方はまだ若いし、外の世界で立派に働いていらっしゃる。毎日が平凡でつまらない日々だと感じる時もあるかもしれませんが、この集落よりはるかに楽しさや変化や刺激がころがっていると思います。そういったものを見つけたときは、どんなに小さいものだったとしても必ず一度は触れてみてほしいと私は思います。それが考えることに繋がります。この集落の人間のように、自分の時間を止めないでくださいね。

--------------------


はっきり言って怖かったですし、もう一度行けと言われれば断りますが、不思議な体験以上の貴重な体験をさせて頂きました。


昔、大人に「そんな事ばっかりしてたら○○みたいになるよ!」という怒られ方をした人、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。あの時は「○○みたい」になった自分を想像できなくて、ふーんと聞き流していたのですが、今回あの集落で「○○みたい」を実際に体験した気持ちになりました。

人はみんな、必ず死にます。明日死ぬか、1年後か50年後かは分かりません。私は人よりちょっと珍しい仕事をしているから、私にとっての日常は、誰かにとっての非日常なんだなーと思いながら日々を過ごしていました。私の日常のあるあるをツイートすると「えぇ!?そうなの!?」といった反応をよく頂くからです。

なので私も最近は、自分の日常に変化や刺激を求めたり、与えたりすることを怠っていたように感じます。村長さんのお話を聞いて、ここ数年、自分の人間性があまり成長していないように思い、ハッとさせられました。


山奥にある閉ざされた集落で、ちょっと目の前が拓けるようなお話を聞くことができましたので、皆様にも共有させて頂きたく思いました。以上、エンバーマーだりあんぬでした[棺桶]・ω・)」完!


【Twitter】→ @dalia0x0


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

55

コメント2件

どうコメントすれば良いのか語彙力の無い自分がもどかしい限りですが、これから羽ばたいていく人だけではなく、もう自分は老成したからと考えている人にも読んでいただけたら、無論自分もです。ここまででいい、無理はしたくない、傷ついたりするなら見ない知らない方がいいと考えてしまいがちな自分が、まるで集落の人のように思えて怖くなりました。いつか人は死んで無に帰する、残しても意味はない、だからと言って立ち止まったままそこに居続けることが最良では無いんですよね。何ができるかはわかりません。仕事もきちんと出来ずに日々打ちのめされてばかりの自分ですが、小さな一歩を踏み出すことが出切るようになれたらいいなと考えることができました。ありがとうございました。たいへんなお仕事だと思いますがお身体ご自愛くださいますよう。長文失礼いたしました。
Twitterいつも楽しく(?)読ませていただいてます。
現代にもそのような村があるのですね…!
マンガや映画のような世界ですね、驚きです。
質問なのですが、Twitterで書かれていた「2年連続でエンバーマーが必要になる葬儀」とはどのようなものだったのか気になります。
だりあんぬさんが「ご遺体の状態が悪い場合にエンバーミングする場合も多い」とおっしゃっていたと思うのですが、今回はなにか宗教的に変わった儀式をするためにご遺体の状態が悪かったのかな…と思ってしまいました。
(私はグロ&オカルト好きというわけではないので、むしろ知りたくない気もしますが…)
単純に気になりましたので、もしまた書ける機会がありましたら書いてください!
特異なお仕事で、誤解や偏見など大変なことも多いかと思いますが、頑張ってください。応援してます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。