社交辞令鵜呑み女

鵜呑みますね。もちろん全部ではないけども…まぁ鵜呑むな
さすがに、「今度飲みに行きましょう」は鵜呑む私でもわかる!これは大人の何ちゃらってやつね。
コレはどうだい?スポーツ観戦!例えば野球としましょう「俺も野球好きだから、今度一緒に連れてってよ」コレ!
こんな風に言われたら、鵜呑み女はせっせと試合日程確認して、伝統の一戦やユニフォームをもらえる日がいいかなぁとか考えて3~4試合候補をあげ、連絡しますわなぁ~どの日か都合がよろしければいかがかな?
そうすると相手は社交辞令で言ったもんだから、やんわり断りますよ。仕事だなんだと言ってね。ただ社交辞令鵜呑み女は鵜呑んでいる故、社交辞令と気づかない!こうなると、たちの悪い妖怪だ!
妖怪社交辞令鵜呑み女だ!!
妖怪社交辞令鵜呑み女はまた別案を提示しますよ!そんじゃーこの日はいかがかな?と
相手にとってはホラーでしょうなぁ『この妖怪、社交辞令をかなり鵜呑んでやがる』ってなもんです。そして、「仕事の状況わかったら連絡するわ」からのスルーを決め込もうとする
しかし!!妖怪社交辞令鵜呑み女は追いかける「お前さんの都合のいい日はいつなんだい?」この妖怪社交辞令鵜呑み女から逃げ切れたと思ったか!なめてもらっちゃ困る!


逃げ切れるのである。既読スルーだ。妖怪社交辞令鵜呑み女はここで斬られた事に気づく
しゃ、こ、う…じ…れ…ばたん(←妖怪社交辞令鵜呑み女が倒れた音)
妖怪が抜け、ただの社交辞令鵜呑み女に戻り自分で自分を慰める。既読になっただけありがたいと。
こう書いてみるとひどく怖い奴だな…まぁ私だけど。「例えば野球としましょう」とか書いてるけど例えでもなんでもなくノンフィクションだ。
しかし怖かったろうな猛省しよう。

なんでこうなるか、恐らくその人に対して下心があるから。下心…なんか下品、すけべぇなおっさんみたい;
『妖怪社交辞令鵜呑みおっさん化女』が正式名なのかもしれない
下心ではなく好意にしよう。好意があるから仲良くしたい、ぜひ楽しんでほしいという健気さが社交辞令を鵜呑みにしちゃう。自分から発する言葉は社交辞令でも何でもないから、勝手に相手もそうだろうととんでもない勘違いを決め込む。
なんとも思ってなかったら、ちゃんと、はいはい社交辞令ね!と思えるはず。

こうなったら
「社交辞令だけど、今度飲みに行きましょう」

「はい!ぜひ行きましょう!社交辞令だけど」

的な、社交辞令だということを全面に押し出すシステムでいいんじゃないかな。そしたら妖怪になることもなくないか?

待て、待て、待て、待て

全面に出すぐらいだったら社交辞令なんて言う必要ないじゃん!これ以上無駄に妖怪を産み出さない為にも社交辞令やめましょう!!!


共感してくれた方いたらぜひ今度飲みに行きましょう!言ったそばから…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

何よりの励みになりますありがたや
1

ほちる

学歴良し悪しではなく地頭がいい人になることが目標。発想力、思考力を磨く。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。