見出し画像

必要なのは技術なんかじゃない

また、月日が経ってしまいました
久しぶりのnoteを更新させていただきます。

前回書いてから
今に至るまで色々考えていたことをここに書きます

みんなが就活だ就活だと
言っているなか俺は何一つ就活をしていない
サッカー関係の仕事につきたいと思い
地元姫路を出て埼玉に来た
だが、サッカー界の現状を見たときに
サッカー界に魅力を感じなかった
(このうちのサッカー界とはごく一部です)
それなら一般企業に就職なのかと考え
一般企業のインターンや説明会などにいくも
パッとしない
果たしてサッカー界でやりたいとは
何をやりたいのか考えた
最初はトレーナーかなと思い
勉強したが身に入らない
次にフロントに興味があるのかと言われれば
特に興味も湧かなかった
大学でマネージャーをやっている人間にできること
それは"指導者"だと思った
だが、大学でマネージャーをやっている人間に
"指導者"をお願いすることは早々ない
だが、必要とされる
ここならできるんじゃないかという
クラブが1つだけあった
それがエストレラ姫路だった

俺は小中高とこのクラブだった
小学ではヴィッセル神戸に勝ったり
(この試合木村はインフルエンザのため欠場)
県で3位になったり
関西大会でも勝ったり
(この辺りはちゃんと試合出ました)
らじばんだりーってかんじだった

すみません話がずれました

ここでのサッカーは楽しかった
技術どうこうじゃないと思う
みんなが点をとるために
同じようなイメージをできていた
実際あいつはあんなプレーをするんだろなって
いうのが予測できたし
特別なサッカーをしてる訳でもなく
守備をしていても楽しかったし、
攻撃をしていても楽しかった
(自分は3-5-2の右CBでした
走るのはめちゃくちゃ遅いです
なんで俺のとこ徹底的に攻めて来なかったんだろうと
今になって思います)
まぁ11人試合に出れて11番目の選手だった自分は
まぁビックリするくらい下手くそでした
11番目の選手だったなと大学に入って感じました
そんな11番目の選手は試合に出たり
出れなかったりって感じで
出れないときは
メンバー外の選手と試合に出ました 
そのときはボランチで出ました
本当に勝負したいのはボランチでした
だが、その時のボランチには
"技術"のある選手がいて出れないなと感じてました
ボランチでやるには"技術"が足りなかった
でも、メンバー外の選手のなかでは上手かった方
だった自分は
ボランチをやっていた
普通だとみんな下手くそでパスもドリブルも上手く繋がらなくて面白くないはずなのに
こりゃまた最高に面白かった
なんでかって 
やりたいプレーが予測できた
だいたいここに行けばパスが来るだろうな
だいたいここにいるだろうなって感覚でパスが出せた
いわゆる"同じ絵"が描けていた
頭の中でこんなプレーをするというのが
お互いにわかっていたんだと思う
そんなボランチの相方は
谷本であり、
トップ下は仲の悪い
黒田やった
DFには
幼稚園の頃から同じの
溝口がいた
各ポジションに
同じような考えをしたやつが多かった
だから最高に楽しかった
これは技術が必要なんかじゃない
もちろんサッカーをするために
ドリブルする"技術"は必要だし
パスする"技術"も必要
最後に点を決めるシュート"技術"も必要
でも、それ以上に"同じ絵"を描けることが必要だった
あいつはここでミスをするかもしれないと思えたから
守備に走れたし、
あいつはパスを出してくると思うから
スルーパスを受けるために走る
そんなプレーをこの3人はしていたんだなと
今になって思う

そんな小学生時代から
中学生になり地元では有名な
エストレラ姫路というクラブを選んだ
(親父がコーチをしていることもあり
めちゃくちゃやりにくかった)
ここでも
俺はメンバー外だった
でもその時
公式戦試合に出てたメンバーはコーチも
言っていたが
"技術"はエスト史上1番やったかもしれない
でも、"技術"があっても試合には勝てない
それはその人たちが実際に証明してくれた
公式戦で勝てなかった
かたやメンバー外の選手のゲームに出ていた自分は
こりゃまた最高にサッカーが楽しかった
ボランチに
谷本がいて
トップ下は
黒田
FWには
溝口と
各ポジションに
"同じ絵"を描けるやつがいた
中学生になると技術があがり
できるプレーも増えた
小学校の時は違うチームのやつも
"同じ絵"を描けていた
そんなやつらがいたから
中学生のサッカーも楽しかった

高校
俺は考えた
やっぱり公式戦で試合に出たい
このままユースに上がって試合に
出れるのか
正直な話
"技術"のあるやつらが
ユースに行くならやめようと思ってた
でも"技術"のあるやつらは他のチームにいった
これなら出れるなと思った
だからユースに上がった
ユースに上がったのは
小中とやってきたなかで
黒田だけやった
そんなユースは
楽しくなかった
これは嘘でもなんでもなく
楽しくなかった
公式戦に出場することはできたが
楽しくなかった
今まで楽しかったサッカーが
楽しくなくなった
なんでか分からなかった
でも、なんでか分かった瞬間があった
それは黒田と同じ試合に出た時やった
あいつがやるプレー
動きは予測できたし
それに対して反応できた
パスができた 
ドリブルができた
それにプラスアルファ
西村、早田、はやて
このBチーム組とは
やっていて楽しかった
ここいるやつらは決して
"技術"がある訳じゃなかった
全員が"同じ絵"を描けていたから
楽しかった
公式戦で試合に出ているやつが
全くダメやったかと言われれば
そうではなくて
俺の"技術"が足らずに
味方が描いているような
"絵"が共有できなかったのかもしれない
でも、俺には俺のできるプレーがあったし
黒田には黒田のできるプレーがあった
西村には西村のできるプレーがあった
お互いのできることがわかってたから 
助け合っていたんやなと思う
だから、俺は
自分がボランチで試合に出るときは
黒田と西村でツートップをして欲しかったなと
(ふみやは"同じ絵"を描けてたけど
岡田は全くもって無理やった
それはボランチもそう
てつとりょうじは俺のなかで
"同じ絵"を描けなかった)
ここだけの話、親父にはしていた
結局コンスタントに
出場する事ができなかった自分は
まだまだサッカーに未練があった
まだできると思っていた

そして、大学
選んだのは東洋大学やった
推薦でしか入れないなか
何故か
入学前の3月に練習生として
1週間練習に参加した
ここの細かい話は抜きにして
俺はここで初めて
"技術"の大切を知った
東洋にいるやつは
本当に"技術"が半端なかった
止めて蹴るがめちゃくちゃ上手かった
俺なんか"技術"のぎの文字もなかった
"技術"が大切と同時に
"同じ絵"を描けることはもっと大切だなと
感じることができた
このレベルまで行くと"技術"に特別差を感じなかった
試合に出れるのは
それぞれのメンバーが
"同じ絵"を描けるかどうかなんやと感じた
それって"技術"どうこうじゃない
あいつがあんなプレーする
こんなプレーをすると思うから
パスを受けるために走れるのであり 
ドリブルしたりする
それは守備も同じで
あそこでコースを限定してくれたから
ここで取れるなって感覚を持っているのは
ホンマに大切なんやなと感じた
去年東洋が後期に10戦無敗で行けたのは
間違いなく全員が"同じ絵"を描けていたなと感じる


それぞれのレベルでそれぞれの立場で試合に出たり
外からみたりして
サッカーを感じることが多かった
そこで感じたのが
タイトルにある
必要なのは技術なんかじゃないってこと
"同じ絵"を描くことがどれだけ必要か証明するために
自分は指導者をやります
"技術"は大切
でもそれ以上に"同じ絵"を描くことが大切なんだと感じれるサッカー人生だなと思います
例えばバルセロナにフェライニは要らないです
今のマンチェスターシティにフェライニは要らないです
でもベルギー代表にはフェライニが必要です
今のリバプールにファビーニョが必要です
ナビケイタではないんです
その人にもできることできないことがあります
そして、感じたことを次の世代に伝えられるように
指導者を志します
こんなやつがコーチをしますが
そんなチームに期待してください
面白いサッカー魅せます

以上長い長い文章お読みいただきありがとうございました。
それでは今日も自分の就活である
フットボールを感じてきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆さんのサポートが今後の活動の糧になります! これからもnoteよろしくお願いします。

ありがとうございます!
10

キム

「今」と「これから」大学生/世界一のサッカークラブを作る為日々勉強中/sportsの本質とは

sportsの本質

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。