Shiho NAGANUMA

TBSラジオりすなー。ピーター・バラカンさんのラジオも好き。現在、福祉施設でデザインの勉強中。リア充でもプア充でもなく、いつも「鬱っぽい」「だるい」ですが、みんなに助けられて生きてます。「自立は依存先を増やすこと、希望は、絶望を分かち合うこと」がモットーですが友達は居ません(笑)
固定されたノート

人生ハズレくじ引いたって雨降りばかりでも

2019年2月25日、note勉強会に参加して、誰に届けたいか?誰に読んで欲しいのか決めた方が良いよ勉強会で教えてもらいました。

  わたしは誰に届けたいかと考えたとき、わたしは残念な事に人生は、ココロの病気と付き合っていかなければならなくなりましたが

 「人生ハズレくじ引いたって、雨降りだって、何とか折り合いをつけて」

 どう言う風に自分なりにKUHU(工夫)してるか、なるべくイラストや写

もっとみる

精神障がい当事者の方・生きづらさを抱えてる方に向けてトミヤマユキコさんと清田隆之さんがトークします。

マンガで読む「はじめまして」の始め方

日時 2019年5月26日(日)

参加対象 精神障がい・生きづらさを抱えてる当事者・福祉の支援者

開演 14:30〜16:30 [開場 14:00]

場所 渋谷勤労福祉会館2階第1第2和室 
   東京都渋谷区神南1丁目19-8

料金 精神障がい・生きづらさを抱えてる当事者 500円
   福祉の支援者 1000円 学生 500円

もっとみる

精神障がいの施設で読書会をしてみた

私が通所している、ココロの病気がある人の生活を支援して貰っている施設、生活の支援とは、朝起きて、そこで過ごして、運動プログラムや調理プログラム、ただ話してるなどがあって、社会生活を行えるようになる為の施設です。

そこで読書会をしました。課題図書は「大学1年生の歩き方」トミヤマユキコさんと清田隆之さんが書いた本です。

何故、この本を選んだかと言うと、ココロの病気になった人の中には、病気で40代か

もっとみる

村本大輔さんabemaTV卒業記念①

悪意や傷付きを「排除」出来るのか?

言葉を規制しても、キチガイからサイコパスになり、今度、サイコパスが差別用語になったら、違う言葉が出るのでは無いか?村本さんが小島慶子さんに芸人としての意見。

私も悪意や傷付きを避けて、人生は生きられないと思う。理不尽を全く経験しない人生は無いから、どう悪意に対して私自身が切り抜けられるかも考えたい。

難しく複雑で単純にコレで良いはない。