猫の惑星#11 ~PLANET OF THE CATS~

ブルー(マタタビ共和国王/ロシアンブルー)は、トーマス(冒険家/ヒト)を人質にして、リリー国の出方を見ることにした。

(マタタビ共和国 宮廷内)

ブルー:
「なぜだ!?なぜ、ニンゲンがここにいるのだ。答えよ。」

トーマス:
「実は・・・私は冒険家でして、宇宙船が壊れ、この星にたどり着きました。」

ブルー:
「そうか、ではなぜリリー国と共におるのだ?」

トーマス:
「それは、私がこの惑星に不時着して、森をさまよっていた時にリリー殿に助けられたからです。」

ブルー:
「ふむ、なるほど。ではなぜ、リリー国と我が国が戦争をしているか分かるか?」

トーマス:
「いえ、そこまでは分かりません。」

ブルー:
「・・・・おい、ダークナイトはいるか!?」

ダークナイト(マタタビ共和国/黒猫):
「はい、おります。どうなされましたか?」

ブルー:
「このニンゲンを地下の牢屋へぶちこんでおけ。ただ、手荒いマネはするなよ、貴重な人質だからな。」

ダークナイト:
「かしこまりました。・・・・さぁ、こっちだ。」

ダークナイトは、地下にトーマスを運んでいってしまった。

(地下牢屋9号室)

ダークナイト:
「ここがお前の部屋だ、さぁ入れ。食事は一日一回、担当が運んでくる。変なマネはするんじゃないぞ。私の部下がすぐ駆けつけるからな。」

ダークナイトはそう言うと行ってしまった。

トーマス:
「なぜ、私がこんな目に・・・一体、何をしたというのだ?!」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

dateo

Alternative Fantasy.

猫note

猫なnoteをあつめる
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。