見出し画像

僕が「いいね」したツイートのまとめ①(広告、デザイン、クリエイティブ関連)

ANDO(@dbcdat)です。

ふと、ツイッターで「いいね」したものを見返していました。
今日はちょっとその話を――。

僕は一体、“何に”いいねと思ったのか

ほんの30件ほど遡っただけですが、なんとなくこんな分類が見えてきました。

・生き方、考え方
・働き方
・広告、デザイン、クリエイティブ関連
・共感
・ライフハック、備忘録
・エンカレッジ


完全な別ではなく、跨っているものも多々ありますが、まぁこんな感じかなと。「働き方」はつまり「生き方、考え方」でもあるけど、仕事のことによりフォーカスした感じ。「広告、〜」も然り(より限定的)。「共感」は、言ってしまえば他のどれもが共感ではあるんだけど、より心に特化した――と言うか、そんな感じ。「エンカレッジ」はある意味 一番「いいね」という単語本来の意味に準じている感じ。感じ多いな。


瞬間の感動を血肉と化さないと勿体無い

「いいね」する時は あまり頭で考えず、直感的に押しています。(きっと何かしらのフィルタはあって、無意識の選別をしているのだけど。)
直感的で瞬間的。そのせいか、情報が自分の中に溜まらず通過しているような感覚があって。それが勿体無く思えて、たまに読み返せるようnoteにしてみました。


僕自身がたまに読み返すためのnote

というわけで「自分用」という色合いが濃い記事ですが、折角なので こういう場で共有しながら整理しようと思います。僕の“いいねアーカイブ”を時どき掘り返して分類し、どれかが10件に達したら書き出すようにします。出来るだけコメントも添えて。今日は「広告・デザイン・クリエイティブ」です。

今後、ガンガン使ってきます。

コンペ、というか通常業務で常に意識したい。

ある考え方に対するスタンスの取り方、職業柄 常に公平さを保ちたいものです。そのお手本のような記事。

こういうのやりたいけど、結局クライアントの器量と受け手のセンスなんだよな…。でもいつか突破したい。

そのまんま使います、いつか。

自分も肝に銘じるし、色んな人らに伝えたい。

へんな意地を張らず、使おう。

世の中を良くするアイディア。

、ほんとそれ。


以上です。

これもある意味 自分を知る作業みたいで面白い。自分でも過去にこんなこと言ってるし。
次はいつ頃になるかな〜。

そんなところで、今日はこの辺で。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Takao ANDO

ANDOです。暗躍の暗に策動の動と書きます。ローカル広告代理店勤務。’82年式 / 出直し社会人 / 肩書き募集中。地域のこと、趣味のこと、日々のこと、などなど。恐妻家。我が子ファースト。InstagramもTwitterも同じアイコン、同じIDです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。