見出し画像

生存確認と鳥取文芸

お久し振りです、ANDO(@dbcdat)です。

前回の投稿からなんと50日も間が空いてしまいました。その日数にというより、自分の感覚との乖離に驚いています(そんなに空いた気がしていない)。過去には あんなことこんなこと を書いていますが、実際のところ今現在どうなのか、このnoteの沈黙状態が雄弁に物語っています(皮肉)


まことにありがたいことに、日々せわしく過ごさせてもらっていますが
そんな中、一編の寄稿文を書き上げました。

これまたありがたいことに、毎年ご依頼をくださる『鳥取文芸』の特集原稿です。
今年のテーマは「今、ここから…」

“鳥取の各界で活躍する文化の担い手らが、新しい時代を切り拓く未来への思いを綴ります。”

…に、全くふさわしくない人間ですが、担い手“ら”ですので、自分は“ら”のくくりだと割り切って、自由に書かせてもらいました。


お題はあるものの、0から構築するのは毎回実は気の重い作業で…。
今回は、思い付く曲を何曲か聴きながら素案を練りました。
それを紹介して〆めます。


BUMP OF CHICKEN『ロストマン』


Aqua Timez『決意の朝に』


宇多田ヒカル『SAKURAドロップス』


『鳥取文芸』は12月頃発売予定です!


そんなところで、今日はこの辺で。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Takao ANDO

ANDOです。暗躍の暗に策動の動と書きます。ローカル広告代理店勤務。’82年式 / 出直し社会人 / 肩書き募集中。地域のこと、趣味のこと、日々のこと、などなど。恐妻家。我が子ファースト。InstagramもTwitterも同じアイコン、同じIDです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。