WEBマガジン「特技でメシを食う」  【特別編】 吉田貴司さん(漫画家)

インタビュー企画「特技でメシを食う」シリーズ

累計200万PV、1.3万回以上のシェアを記録したネット漫画『やれたかも委員会』の作者である漫画家・吉田貴司さんが先日ツイッターで「インタビュー募集企画」を発表。早速、数年前よりファンの私が応募して実現した【特別編】を今回はお送りします!

吉田貴司(よしだ たかし)

1980年生まれ。2006年『弾けないギターを弾くんだぜ』でデビュー。2015年までに『フィンランド・サガ(性)』(講談社刊)、『シェアバディ』(作画:高良百)(小学館刊)などを発表。2016年『やれたかも委員会』がネットで話題に。6月27日に書籍化される。

「あのとき、もしかしたら僕はあのコとヤレたんじゃないか」――男なら誰でも1つは抱えている(?)正解のない甘酸っぱい思い出を3人の個性的な審査員が冷静に「やれた」「やれたとは言えない」のジャッジをするという漫画『やれたかも委員会』。はあちゅうさんがツイッターで紹介したことで話題になり、単行本化も決定するなど、まさに“昇り竜”の勢いの漫画家・吉田貴司さんに「特技でメシを食う方法」を聞いた。


★ ★ ★ ★ ★ ★

①あなたがメシを食べている特技は何ですか?

マンガを描くことです。

・・・と言いたいところですが、今のところ、『海猿』や『ブラックジャックによろしく』の作者・佐藤秀峰さんが経営する佐藤漫画製作所のスタッフとしても働いているので、まだマンガ1本で食べているとは言えない状態ですね。

この続きをみるには

この続き:3,058文字/画像17枚

WEBマガジン「特技でメシを食う」  【特別編】 吉田貴司さん(漫画家)

代官山ブックス

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

特技でメシを食う

特技でメシを食っている素敵な人達に毎回「5つの質問」をし、その極意を導き出すインタビューシリーズ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。