カレー / I was game

上杉真人。ボードゲームの仕事をしています。最近は『ペーパーテイルズ』と『ダンジョンオブマンダムVIII』というゲームを作りました。

ボードゲームのゲームデザイン:第2の柱「進行」

この記事は、ボードゲームのゲームデザインにおける「進行」についてお話するものです。

第2の柱「進行」

おはようございます。I was game の上杉です。

このnoteでは、「ボードゲームのゲームデザイン」という名目で、現代的なボードゲームのゲームデザインについてお話します。

現代的なボードゲームに興味のある方、あるいは、ボードゲームを作ってみたい方向けの内容となっています。

ここでは

もっとみる

ボードゲームのゲームデザイン:第1の柱「目的」

この記事は、ボードゲームのゲームデザインにおける「目的」についてお話するものです。

第1の柱「目的」

おはようございます。I was game の上杉です。

このnoteでは、「ボードゲームのゲームデザイン」という名目で、現代的なボードゲームのゲームデザインについてお話していこうと思っています。

現代的なボードゲームに興味のある方、あるいは、ボードゲームを作ってみたい方向けの内容になるかな

もっとみる

マジック:ザ・ギャザリングのゲームデザイン上の発展の歴史(2)

アンリミテッド・エディション(1993年12月)

白枠

アンリミテッド・エディションのアルファとベータが瞬く間に売り切れたあと、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストは非限定版としてアンリミテッド・エディションを発売した。

アンリミテッド・エディションは、基本的にはリミテッド・エディションとすべて同内容の再販だった。しかし唯一、カードの枠の色が黒から白に変更された。これによって、リミテッド・エディシ

もっとみる

マジック:ザ・ギャザリングのゲームデザイン上の発展の歴史(1)

リミテッド・エディション(1993年8月)

マジックの誕生

マジック:ザ・ギャザリングは、リチャード・ガーフィールドによってデザインされ、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社から発売された。

リチャードは当初、『ロボラリー』というボードゲームを作ってウィザーズに持ち込んだ。CEOのピーター・アドキンソンはそれを気に入ったが、当時のウィザーズ社には生産のための十分な資金がなかったため出版はせず、ゲ

もっとみる