「頭のなかに餡が詰まってるみたいな気分になるんだ」
「じゃあこっちの頭を試してみて」
「これも同じ……いや、さっきの頭よりもたくさん詰まってるような気がする……」
「さっきのよりもたくさん詰めたの」
「なぜ……」
「これも試してみて」
「これは……ほ、ほとんど餡だけ……」
「薄皮だから」

「頭のなかに餡が詰まってるみたいな気分を味わいたくないんだ」
「でも木工用ボンドじゃ嫌でしょ?」
「も……」
「この頭はどう?」
「つぶし餡とこし餡と、二種類の餡が混ざって……それによって生じる、それによって生じる不協和音が!」
「もう一種類混ざってます」
「知らせないで!」

「頭のなかに餡が詰まっていると、まともに考えられないんだよ」
「でも、考えてるのは餡なのよ」
「……パンじゃなくて?」
「パンは感情。ほんとは不要」
「で、でも、こんなに餡を詰めなくても……」
「こっちの頭も試してみて」
「真っ黒に焦げている」
「気分は?」
「ふつうです」 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

箱[いぬ いぬ]

倉田タカシと申します twitter: deadpop
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。