長編SF小説「母になる、石の礫で」ハヤカワSFシリーズJコレクションより発売中

http://www.amazon.co.jp/dp/4152095202/ 作者によるイメージイラストをこちらにまとめました(二次創作のようなものとお考えください)
登場人物たちが〈母〉と呼ぶ、3Dプリンタの遠い子孫にあたる万能出力機械(いろんなバリエーションがあります)
登場人物のひとり、〈針〉。身体がふたつあり、片方は〈母〉の出力物で、腰と腰を機械的ジョイントでつないでいます。足は生まれつき無く、目はあとから取ってしまっています
〈針〉、武器として使うタイプの〈母〉を手にドヤ顔
登場人物のひとり、〈霧〉。子宮のなかに〈母〉を持ち、〈母〉をはじめとする機械を出力する実験を続けています
〈霧〉の顔アップ(おこっている)
作中に登場する機械(〈母〉など)のイメージ(大きいやつ)
登場人物のひとり、〈41〉。身体はすべて〈母〉の出力物で、脳は腹にあります。おもな登場人物たちは、足先も手の形をしています
語り手の〈虹〉。以前は腕を4本つけていたけれど、思うところあって2本を切除してしまいました
作中に登場する機械のイメージ(小さ目のやつ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。